野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

阪神OBの元投手コーチ、藪恵壹氏が推す投手陣のキーマンは8年目右腕!?

3月31日に開幕した今季プロ野球は、開幕から早くも2週間が経過した。セ・リーグでは昨季覇者の広島が開幕2戦目から10連勝、パ・リーグでは楽天が投打のかみ合った試合運びで首位をキープしている。とは言うものの、ペナントレースは始まったばかり。ここからどんな展開を見せるのか、ファンも楽しみにしているだろう。

20170416_yabu

阪神の今季注目投手は秋山拓巳、元投手コーチが見る成長の証とは

 3月31日に開幕した今季プロ野球は、開幕から早くも2週間が経過した。セ・リーグでは昨季覇者の広島が開幕2戦目から10連勝、パ・リーグでは楽天が投打のかみ合った試合運びで首位をキープしている。とは言うものの、ペナントレースは始まったばかり。ここからどんな展開を見せるのか、ファンも楽しみにしているだろう。

元メジャー藪恵壹氏が提言する、第4回WBCから見えた「次へつながる道」(侍ジャパン応援特設サイトへ)

 2014年以来の日本シリーズ進出を目指す阪神は、14日現在、7勝4敗で2位につけている。金本知憲監督を迎え、“超変革”をスローガンに戦った昨季は、64勝76敗の4位で4年ぶりBクラスに終わった。2季ぶりのクライマックスシリーズ進出、13年ぶりリーグ優勝を狙う今季は、オフにFA移籍してきた糸井嘉男外野手が早速の活躍を見せている。三塁へコンバートされた鳥谷敬内野手のバットも好調で、ベテランと若手の良さがかみ合った打線が生まれた。

 では、猛虎が覇権を取り戻すために、カギを握る投手は誰なのか。阪神OBで元メジャーリーガーの藪恵壹氏は「今年は秋山(拓己)ですよ」と力強く切り出した。

 今季8年目を迎える秋山は、09年ドラフト4位で阪神入りした25歳右腕。今季はここまで2試合に先発して1勝0敗、防御率3.75の成績だ。「今年は8年目。大分時間が掛かっていますが、今年は開花すると思いますよ」と太鼓判を押すには理由がある。

「そもそも彼の体格からすれば、球速は145キロ以上出てもおかしくない。それだけの才能を秘めています。それ以上に、今年は右打者に対するアウトコースへの真っ直ぐのコントロールがよくなっている。それで抑えられるようになっている。やっぱり投手の基本はアウトコース低めに真っ直ぐを投げられるか。今年の秋山は、それができていますね。

 例えば、去年10勝したのに今年苦しんでいる岩貞(祐太)を見ても、今年はアウトローのコントロールが全然良くないですよね。去年はプレートの一塁寄りを踏んでいたから、ちゃんと放れていたんですよ」

人気記事ランキング