野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • 高校野球
  • コラム
  • もう負けは許されない 選抜準Vの履正社、夏の甲子園出場に必要なものとは

もう負けは許されない 選抜準Vの履正社、夏の甲子園出場に必要なものとは

高校野球春季地区大会大阪予選の5回戦で、選抜準Vの履正社は東海大仰星に8-9で敗戦。初回から目まぐるしく動いた試合は、最後の最後にひとつの“差”が勝敗を分けた。

春は5回戦敗退で現チームで初めて決勝逃す、続けてきた見えない“敵”との戦い

 高校野球春季地区大会大阪予選の5回戦で、選抜準Vの履正社は東海大仰星に8-9で敗戦。初回から目まぐるしく動いた試合は、最後の最後にひとつの“差”が勝敗を分けた。

 1回表の履正社の攻撃。1死満塁のチャンスで5番・浜内太陽の犠飛で先制した。だが、すぐさまその裏に東海大仰星が2番・後藤生海の2点本塁打で逆転し、さらに7番の津沢大星の適時打で1点を追加。しかし、2点ビハインドの3回表に3番・安田尚憲の高校通算53号となる2点本塁打で同点とし、そこから小刻みに加点した履正社が優位に試合を進めているようにも思えた。

 履正社の先発マウンドは2年生右腕の位田僚介。初回に3点を失いはしたが2回以降は立ち直り、5回までは1人も走者を許さなかった。だが、6-3で迎えた6回裏にヒットで出塁させた走者を味方のエラーで還し、2点差に。7回からは同じ2年生の期待の左腕・岡田龍生(りゅうい)投手が登板し、7回を3人で抑え、必勝態勢に入ったかと思われたものの、8回に3ランを含む4連打を浴びるなど5失点。2点差とされた9回表、白滝恵汰がソロ本塁打を放って1点差とし、最後まで追い詰めながら、あと1点が届かなかった。

 履正社は現チームになってから出場する大会ではすべて決勝戦まで戦っている。秋の大阪大会、近畿大会、明治神宮大会、そして先月幕を閉じた選抜大会。昨夏の甲子園に出場し、新チーム結成が遅れたとはいえ、公式戦を重ねながら着実に力をつけてきた。センバツ大会でも優勝候補と評されながら、初戦で日大三を激戦の末下すと、接戦をものにし、決勝まで勝ち上がった。最後はライバルの大阪桐蔭に敗れたが、常に注目の的とされながら力を発揮してきた。対戦相手だけではなく、見えない“敵”との戦いでもあった。

人気記事ランキング