野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

田中将大のMLB勝率が1901年以降歴代1位浮上! 米データサイトがレポート

ヤンキースの田中将大投手の勝率が1901年以降で歴代1位に上昇している。米データサイトの「Baseball-Reference.com」がツイッターでレポートしている。

田中はメジャーNO1の「勝てる投手」、前回白星で通算勝率が歴代1位に上昇

 ヤンキースの田中将大投手の勝率が1901年以降で歴代1位に上昇している。米データサイトの「Baseball-Reference.com」がツイッターでレポートしている。

 右腕は今月8日(日本時間9日)の敵地レッズ戦で7回を4失点(自責3)に抑えて5勝目をマーク。3年連続で託された開幕戦ではレイズに3回途中7失点で黒星発進となったものの、その後、5連勝。わずか97球で今季初完封も記録しており、7試合中4試合でクオリティー・スタート(QS、6回以上を自責3以内)を達成。防御率4.36ながら打線の援護にも恵まれ、5勝1敗と白星を積み重ねている。

 楽天時代に勝率.739(99勝35敗)を誇った右腕はメジャーデビューから3年連続で2桁勝利をマークしており、4年目を迎えた現時点で通算82試合の登板で44勝17敗。勝率は.721にまで上昇し、NPBでプレーした時と同様、白星が大きく先行している。

 その田中のメジャーでの勝率が1901年以降メジャー歴代1位となったとレポートしたのが「Baseball-Reference.com」。「マサヒロ・タナカの現時点での勝率は、ア・リーグが1901年に発足して以降、500イニング以上を投じた投手の中で最高となっている」と伝えた。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」