野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • 大不振マーリンズは「解体すべし」―地元紙がバッサリ、外野トリオ放出も!?

大不振マーリンズは「解体すべし」―地元紙がバッサリ、外野トリオ放出も!?

イチロー外野手が所属するマーリンズは今季15勝28敗と借金13を抱え、ナ・リーグ東地区最下位に沈んでいる。ワールドシリーズを制覇した2003年以来のプレーオフ進出へ、早くも黄色信号が灯る苦しい状況。そんな中、チーム再建を進めるために主力を大量に放出する“お家芸”の「ファイヤセール」に出るべしという声も出ている。地元紙「マイアミ・ヘラルド」が「沈没中のマーリンズにあるスカウトのアドバイス “解体せよ”」と特集している。

20170523_stanton

イチロー所属のマーリンズに厳しい声、スカウトは同情「選手はすでにガス欠」

 イチロー外野手が所属するマーリンズは今季15勝28敗と借金13を抱え、ナ・リーグ東地区最下位に沈んでいる。ワールドシリーズを制覇した2003年以来のプレーオフ進出へ、早くも黄色信号が灯る苦しい状況。そんな中、チーム再建を進めるために主力を大量に放出する“お家芸”の「ファイヤセール」に出るべしという声も出ている。地元紙「マイアミ・ヘラルド」が「沈没中のマーリンズにあるスカウトのアドバイス “解体せよ”」と特集している。

 不振の続くマーリンズに対して他球団はすでに絶望的な視線を送っている。記事によると、あるメジャー球団のスカウトは「彼らの先発投手では奇跡を起こすには足りない。負のスパイラルは続くだろう。彼らは今炎上モードだ」とマーリンズを酷評したという。

 開幕43試合にして、マーリンズは先行きが見えない苦境に突入。球団史上最高額の人件費を抱えながらも、マーリンズにとって悪夢となった1998年のシーズン108敗ペースに迫る状況になっていると、同紙は指摘する。

 前出のスカウトは「誰が次のオーナーになろうが、私のオススメは解体すべし、だ」と前出のスカウトは語ったという。現在、オーナーのジェフリー・ローリア氏は元ヤンキースのデレク・ジーター氏のグループなどと身売り交渉を進めているが、誰が買い手になろうと、チームを解体する以外に道はないと厳しく斬っている。

 最近25戦で20敗。失速が止まらないマーリンズは、投打ともに苦しい状況にある。記事では、得点はメジャー25位、先発陣の防御率は同28位、リリーフ陣のイニング数(164回1/3)は同2位というデータを紹介。スカウトは「選手はすでにガス欠だ。まだ5月末なのに」と同情的だったという。マイケル・ヒル強化責任者は、チームの修正点について「ある部分だけを指摘できれば良かった。しかし、想定外のことがあまりにも多く起きている。控えめに言ってフラストレーションは溜まるね」と語っている。

人気記事ランキング