野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

広島が持つ意外な一面…地元では圧倒的に強い「内弁慶」 遠征カードは…

連覇を狙う広島が、極端な「内弁慶」状態に陥っている。27日終了現在、ホームで17勝5敗と圧倒的な強さを見せているのに対して、ビジターでは11勝14敗と負け越している。

20160315_kikuchi

本拠地は17勝5敗と圧倒的強さも、ビジターでは負け越し

 連覇を狙う広島が、極端な「内弁慶」状態に陥っている。27日終了現在、ホームで17勝5敗と圧倒的な強さを見せているのに対して、ビジターでは11勝14敗と負け越している。

 4月上旬の10連勝の後、5月26日からの巨人3連戦前まで、ビジターでは6カードを行ったが、2度の同一カード3連敗を含めて、全て負け越している。その一方で、ホームでのカード負け越しは1度だけで、ここまでは遠征で失速し、地元に帰って生き返るという状況が続いている。

 その原因の1つに考えられるのが、日程の問題だ。今季は3月に行われたワールド・ベースボール・クラシックの影響で、開幕が例年よりも1週間遅れ、4月と5月には7週連続で6連戦が続いた。

 日程についてはどこの球団も同じ条件、と言われるかもしれないが、カープはセ・リーグで最西端に位置し、首都圏の球団と違い、ホームゲーム以外は全て移動となり、その距離も長くなる。所在地という意味では、パ・リーグで2強と言われた北海道日本ハムと福岡ソフトバンクという両端の球団が、開幕から出遅れたことも、偶然ではないのかもしれない。

 広島に話を戻せば、今季は金曜日の勝率が極端に低い。移動日なしでの試合で、特に地元からビジターに変わった遠征初日の試合では、ことごとく負けている。そのうち広島から関東への移動が2回、広島から名古屋への移動が1回あるが、その3試合では得点が1、3、3点と、リーグ最強を誇る打線が振るわない。

人気記事ランキング