野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

ロッテ・パラデス4番に「興奮」 伊東監督「ラストチャンス」の思いだった!?

パラデス、ダフィーのロッテ外国人コンビが今季初めてアベック打点をマークした。

20170212_parades1

パラデス、ダフィーの両助っ人が勝利に貢献

 パラデス、ダフィーのロッテ外国人コンビが今季初めてアベック打点をマークした。

 8日の中日戦で0-2の2回にダフィーが「何とかダイチ(鈴木)を還そうと、強い打球を意識した」と遊撃内野安打で1点差にすると、4番に入ったパラデスも、3回2死一、二塁でカウント3-0から「ストレート1本に絞って打ちにいった」と5月17日の西武以来の適時打で同点にし、打線に勢いをつけた。

 ダフィーは3-5と勝ち越された後の5回にも「コンパクトに打ちにいった」と中前へ同点適時打。パラデスも6回の3得点にからむ左前打で、両外人が初めてマルチ安打の揃い踏みとなった。9-5の勝利に貢献した助っ人に「久しぶりに外国人が機能した。今まであまりパッとした活躍ができなかったが、これを機会に頑張ってくれたら」と伊東監督も期待を寄せた。

人気記事ランキング