野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • 楽天則本、MLB記録それぞれの凄さに迫る 日米の8試合連続2桁Kを徹底比較

楽天則本、MLB記録それぞれの凄さに迫る 日米の8試合連続2桁Kを徹底比較

1991年に野茂英雄が記録した6試合連続2桁奪三振を抜いて、単独1位の7試合連続を記録した楽天・則本昂大。今度は8日のDeNA戦で完投し、12奪三振で自身の記録を「8」に伸ばした。

メジャーではマルティネスとセール、日本では則本しか達成していない偉業

 1991年に野茂英雄が記録した6試合連続2桁奪三振を抜いて、単独1位の7試合連続を記録した楽天・則本昂大。今度は8日のDeNA戦で完投し、12奪三振で自身の記録を「8」に伸ばした。

 8試合連続2桁奪三振はMLBでもペドロ・マルチネス、クリス・セール(2回)の3例しかない。

 NPBとMLBではリーグが異なり、ローテーションの間隔も違うため、単純比較はできないが、日米の8試合連続奪三振の記録を並べてみよう(※QSは先発投手で6回以上投げて自責点3以下、HQSは7回以上投げて自責点2以下)。

〇則本昂大(楽天)2017年・26歳
4月19日・西武戦(8回10奪三振、自責3)
4月26日・ロッテ戦(7回10奪三振、自責1)○
5月3日・オリックス(8回12奪三振、自責2)○
5月10日・ロッテ戦(9回12奪三振、自責0)○
5月17日・日本ハム戦(7回12奪三振、自責5)○
5月25日・オリックス戦(8回10奪三振、自責1)○
6月1日・巨人戦(8回12奪三振、自責2)○
6月8日・DeNA戦(9回12奪三振、自責2)○

8試合7勝0敗2完投、防御率2.25、7QS、6HQS
949球64回48被安打6被本塁打13与四死球90奪三振16自責点

人気記事ランキング