野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

ソフトB柳田、交流戦10戦で7本塁打&20打点 「穏やかな心」の意味は…?

9日、柳田悠岐が4日連続のお立ち台に上がった。3-0で勝利した9日の阪神戦も初回に先制打を放つと、3回の第2打席ではレフトのホームランテラスへ15号2ランで計3打点。交流戦10試合で7本塁打、20打点と、2年ぶりの交流戦MVPも見えてきた。

全3打点挙げて4日連続でお立ち台、「運がいいと思います、ホントに」

 9日、柳田悠岐が4日連続のお立ち台に上がった。3-0で勝利した9日の阪神戦も初回に先制打を放つと、3回の第2打席ではレフトのホームランテラスへ15号2ランで計3打点。交流戦10試合で7本塁打、20打点と、2年ぶりの交流戦MVPも見えてきた。

 柳田にとって“今週のルーティンワーク”となったお立ち台からの囲み取材。最初に出てきた言葉は「ピッチャーが抑えてくれました。今日はピッチャーのおかげです」のひと言だった。

 4日連続のヒーローとなったことについては「たまたまです。運がいいと思います、ホントに」と控えめに語る。好調の原因に「どんどん甘い球を打ちにいけていること」を挙げ、「甘い球を仕留める確率は上がっています」と胸を張る。

 交流戦MVPを獲得した2年前と比較して「ライナーやフライを打てるようになっているし、間(ま)が取れるようになっている」と語る柳田。ほとんど対戦したことがない投手と対峙する交流戦でも「ピッチャーのことがわかんないんで、投げ方とかは意識せずに自分の(ヒット)ポイントだけに集中している」ことが、好成績につながっているようだ。

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中