野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • セ・リーグ
  • ソフトB、西武、オリが加速!? 交流戦でパ・リーグの流れは変わるか?

ソフトB、西武、オリが加速!? 交流戦でパ・リーグの流れは変わるか?

6月19日をもって、「日本生命セ・パ交流戦」の全日程が終了。2005年に開始され、今年で13回目となった交流戦におけるパ・リーグの今季の対戦成績は56勝51敗1分。8年連続でセ・リーグに勝ち越しを決めた。ここでは、パ・リーグ6球団それぞれの18試合を簡単に振り返っていきたい。

8年連続でセに勝ち越し決めたパ・リーグ、ペナントレースへの影響は?

 6月19日をもって、「日本生命セ・パ交流戦」の全日程が終了。2005年に開始され、今年で13回目となった交流戦におけるパ・リーグの今季の対戦成績は56勝51敗1分。8年連続でセ・リーグに勝ち越しを決めた。ここでは、パ・リーグ6球団それぞれの18試合を簡単に振り返っていきたい。

【2017年度 日本生命セ・パ交流戦最終順位表】
1位:福岡ソフトバンク 12勝6敗0分
2位:広島 12勝6敗0分
3位:埼玉西武 10勝7敗1分
4位:阪神 10勝8敗0分
5位:楽天 10勝8敗0分
6位:オリックス 10勝8敗0分
7位:横浜DeNA 9勝9敗0分
8位:中日 9勝9敗0分
9位:北海道日本ハム 8勝10敗0分
10位:巨人 6勝12敗0分
11位:千葉ロッテ 6勝12敗0分
12位:東京ヤクルト 5勝12敗1分

◯北海道日本ハム 18試合8勝10敗0分

 交流戦初戦の横浜DeNA戦では完封負けを喫したが、5月31日から6月2日にかけて、斎藤佑、中村勝が2年ぶりの白星を手にし、玉井がプロ初勝利を挙げるなど、メモリアルな試合が続いた。

 4カード目の巨人戦の3戦目では、奇しくも元巨人の村田が日本で待望のプロ初勝利となり、大田が一発を放った。残念ながら交流戦で勝ち越しとはならなかったものの、後半戦に向けて充分収穫のある18試合だったと言えるだろう。

人気記事ランキング