野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

ロッテ井口、引退会見一問一答「野球が周りの人以上に好きだった」

現役最年長野手のロッテ・井口資仁内野手(42)が20日、今季限りでの現役引退を表明した。ZOZOマリンスタジアムで会見し、21年間、現役生活を続けられた理由について「野球が周りの人以上に好きだったんじゃないかな」と明かした。

今季限りで21年間の現役生活にピリオド「振り返るのは早い。思い出は終わってから」

 現役最年長野手のロッテ・井口資仁内野手(42)が20日、今季限りでの現役引退を表明した。ZOZOマリンスタジアムで会見し、21年間、現役生活を続けられた理由について「野球が周りの人以上に好きだったんじゃないかな」と明かした。

 会見の主な一問一答は以下の通り。

――球団にはいつ伝えたのか。

「今年一年だけ頑張らせてほしいということは、昨年の契約契約更改の席で球団にお伝えした。開幕前に発表したいという思いはあったけど、チーム状態から今ではないかと。残念ながらチームは厳しい状態だけど、僕自身、20年間やってきたことをシーズンでしっかり出していきたい」

――今の率直な気持ちは。

「自分の中では、昨年から決めたことで、その思いで自主トレから開幕まで来た。まだまだ何とか頑張っていきたいという思いです」

――プロ野球人生を振り返って。

「まだ振り返るのは早い。これまで以上の思い出であったり、いいことがあればいいなと思っている」

――思い出に残る試合は。

「デビューした時の思い出だったり、そういうのはありますね。MVPも昔の話で、だいぶ経っているなと」

人気記事ランキング