野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

「北海道発 チア名鑑」西武から日ハムへ異例の“移籍” 唯一のアクロバット要員

スタジアムを鮮やかに彩るチアリーダー。日本ハム球団公式チアリーダー「ファイターズガール」は、ダンスパフォーマンスだけではなく、内野席に設定された応援ステージで熱烈応援したり、地方イベントに参加するなど活動範囲が幅広い。ファンとの距離も近く、 今や地域密着のため重要な役割を担う。やりがいを感じて、全国各地からオーディションを受ける人も増えている。倍率14倍以上の難関オーディションを突破して活動する彼女たちの思いに迫る。

20170621_ham1

就職活動をやめてオーディション受験「ここでやりたいと」

 スタジアムを鮮やかに彩るチアリーダー。日本ハム球団公式チアリーダー「ファイターズガール」は、ダンスパフォーマンスだけではなく、内野席に設定された応援ステージで熱烈応援したり、地方イベントに参加するなど活動範囲が幅広い。ファンとの距離も近く、 今や地域密着のため重要な役割を担う。やりがいを感じて、全国各地からオーディションを受ける人も増えている。倍率14倍以上の難関オーディションを突破して活動する彼女たちの思いに迫る。

 第1回は、東京出身の三田部晏奈(みたべ・あんな)さん(23)。

 高校、大学と7年間チアリーディング競技を続けた三田部さんの人生を変えたのは、映像で見たファイターズガールのパフォーマンスだった。

「初めてテラスパフォーマンスを見た時に、ここでやりたいと思いました。心の底からチアが好きでファイターズを応援したいという気持ちが、そのダンスから溢れていたんです」

 昨年は西武の公式パフォーマンスチーム「ブルーレジェンズ」で活動していた。各球団がどんなリアリーディングをしているのか知りたくなって、調べていた時にファイターズガールに魅了された。

 当初は大学卒業後、普通に就職するつもりだったが、チアリーディングに関わりたという強い思いを封印することはできなかった。大学4年だった昨年6月に就職活動をやめ、12月に行われるファイターズガールのオーディションにかけた。

 縁もゆかりもない北海道に行くと言い出した三田部さんに、家族は猛反対したという。「でも、私は意志を曲げなかったです。絶対受かるから行かせてほしいと」。その言葉通り、見事14倍の難関を突破。西武から日本ハムへの異例の“移籍”が実現した。

人気記事ランキング