野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

「北海道発 チア名鑑」最年長40歳は「動きが昭和チック」!? 「チアの概念変えた」人気者

活動範囲が広くファンからも愛されている日本ハム球団公式チアリーダー「ファイターズガール」。連載第2回は、最年長40歳の石澤美樹(いしざわ・みき)さん。

20170622_ham1

最高齢記録更新も見据える「まさしくエンターテイナー」

 活動範囲が広くファンからも愛されている日本ハム球団公式チアリーダー「ファイターズガール」。連載第2回は、最年長40歳の石澤美樹(いしざわ・みき)さん。

 25人のメンバーの中で唯一ベリーショートの石澤さんは、遠くから見てもひと目で分かる。「ミキティー!」とファンから声がかかることもしばしばで、2年目にしてかなりの人気者だ。

「応援ステージでは、遠くの席の方もいるので、誰よりも大きい声を出すことと大きく動くことを意識しています。たぶん動きが昭和チックなので安心できるのかもしれないですね」

 そう笑う石澤さんは、メンバーでただ一人の昭和生まれ。学生時代はアルペンスキーの選手として全国大会に出場し、社会人になってからも競技エアロビクスで全国出場経験を持つアスリートだ。

 フィットネスインストラクターとして活躍していた石澤さんが、ファイターズガールのオーディションを受けたのは15年のオフ。夫でプロの格闘家である石澤大介さん(38)から「やってみれば」と勧められたことがきっかけだった。

「年齢も年齢だし、絶対に受かるわけないと思いましたが、要項を見たら年齢の上限がなかったんです。それで受けてみるかとなって。合格させていただき、球団の器の大きさにビックリです」

 39歳にしてフィイターズガールに加わった石澤さんだが、実は北海道で最初のファイターズガールだった。北海道移転前年の03年のこと。当時は、5回裏終了後の整備中にYMCAを踊るだけだった。「球場には広告もなくて、真っさらなグラウンドに、お客さまもまばらでした。今はスタンドが埋め尽くされていて、ファイターズが定着したんだなと実感しています」と14年の時の流れに感慨深げだ。

人気記事ランキング