野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

楽天VSホークスの頂上決戦、鷹がゲーム差0.5を2勝1敗で逆転できない理由

前半戦の山場となるだろう。29日の日本ハム戦(ヤフオクD)に勝利して4連勝を飾ったソフトバンクが、30日からは敵地Koboパークスタジアム宮城に乗り込み、0.5ゲーム差で追いかける首位・楽天との直接対決に臨む。

ソフトバンク・工藤公康監督【写真:荒川祐史】
ソフトバンク・工藤公康監督【写真:荒川祐史】

首位楽天を0.5ゲーム差で追う2位ソフトBが首位に立つためには…

 前半戦の山場となるだろう。29日の日本ハム戦(ヤフオクD)に勝利して4連勝を飾ったソフトバンクが、30日からは敵地Koboパークスタジアム宮城に乗り込み、0.5ゲーム差で追いかける首位・楽天との直接対決に臨む。

 先陣を切るのは、今季チームトップタイの7勝をマークし、抜群の安定感を誇る東浜巨。第2戦には、左背部の張りで離脱していた千賀滉大が先発し、第3戦にはこちらも7勝をマークしているリック・バンデンハークがマウンドに上がる。盤石のローテを組み、首位を奪いにかかる。

 65試合で43勝21敗1分の貯金22で首位に立つ楽天。73試合を消化し、47勝26敗で2位のソフトバンク。その差は0.5ゲーム差だが、ソフトバンクは初戦に勝っても、首位にはならない。そして、3連戦終了時に首位に立っているためには、実は、1つの負けも許されないのである。

 0.5ゲーム差。ゲーム差でいえば、2勝1敗でも良さそうだが、現在のパ・リーグには消化試合数の多少によって、マイナス0.5ゲーム差という珍現象が起きる状況にあるのだ。

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中