野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • パ・リーグTV
  • いつか2人でお立ち台に― 4年前の誓いを胸に躍動、ロッテの「チーム五木」

いつか2人でお立ち台に― 4年前の誓いを胸に躍動、ロッテの「チーム五木」

2015年10月5日の北海道日本ハム戦でプロ初登板を果たした千葉ロッテの二木 康太投手と、その試合でプロ初本塁打を放った三木亮内野手。この2人には、ある特別な絆があった

ロッテ・二木康太【写真提供:千葉ロッテマリーンズ】
ロッテ・二木康太【写真提供:千葉ロッテマリーンズ】

ロッテ同期入団、“二”木と“三”木で「チーム五木」

 2015年10月5日の北海道日本ハム戦でプロ初登板を果たした千葉ロッテの二木康太投手と、その試合でプロ初本塁打を放った三木亮内野手。この2人には、ある特別な絆があった。

 きっかけは、新人時代の合同自主トレだった。二木が高卒で三木が大卒であるため年齢差はあるものの、同期入団で似た名字ということで意気投合。「二」木と「三」木にちなんで「チーム五木」というコンビを結成し、2人は「いつか一緒にお立ち台に立つ」という目標を立てた。

 その目標を胸に、二木は1軍定着に向けて順調にキャリアを積んでいく。プロ3年目となる2016年には開幕ローテーション入りを果たし、22試合登板、7勝9敗、116回1/3、81奪三振、防御率5.34という成績を残す。8月以降はわずか1勝に終わってしまうなど、新たな課題にも直面したが、その1年で確かなステップアップを果たした。

 同じく三木にとっても、2016年は1軍定着への足がかりをつかんだシーズンだった。即戦力として期待されながらも、過去2年はプロの高い壁に跳ね返されていたが、内野の全てのポジションをこなし、試合終盤に多くの出場機会を得る。打率は3年連続となる1割台に終わったものの、自身最多の75試合に出場し、チーム内で確かな存在感を示した。

人気記事ランキング