野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • 青木宣親
  • 青木宣親、初登板3失点も怪物ジャッジ斬りで称賛続々「単なる野手じゃない」

青木宣親、初登板3失点も怪物ジャッジ斬りで称賛続々「単なる野手じゃない」

アストロズの青木宣親外野手が6月30日(日本時間7月1日)の本拠地ヤンキース戦でまさかの初登板を果たした。9回に登板し、1イニングを1安打2四球3失点。防御率は27.00となったが、今季27本塁打でMVP候補筆頭に推される若きスーパースター、アーロン・ジャッジを中飛に仕留めたことが地元ファンの間でも話題となっている。

アストロズ・青木宣親【写真:Getty Images】
アストロズ・青木宣親【写真:Getty Images】

青木メジャー初登板でMVP候補の若きスター・ジャッジを中飛に仕留める

 アストロズの青木宣親外野手が6月30日(日本時間7月1日)の本拠地ヤンキース戦でまさかの初登板を果たした。9回に登板し、1イニングを1安打2四球3失点。防御率は27.00となったが、今季27本塁打でMVP候補筆頭に推される若きスーパースター、アーロン・ジャッジを中飛に仕留めたことが地元ファンの間でも話題となっている。

 4-10と6点ビハインドで迎えた9回、それまで5投手をつぎ込んでいたアストロズは奇策に出た。この日ベンチスタートとなった青木をマウンドに送り込んだ。

 青木は先頭のトレイエス、ウェードと連続四球を与えるとカーターのタイムリー二塁打で失点。直後、ガードナーを何とか右飛に打ち取ったが、犠牲フライとなり、さらに1点を失った。その後、エルズベリーを遊ゴロに打ち取る間に三塁走者が生還したが、ハイライトは2死走者なしの場面でやってきた。

 青木が対峙したのは今季打率.326(リーグ2位)、27本塁打、62打点(ともに同1位)と3冠王を視野に入れるメジャー2年目のジャッジ。初球の78マイル(約126キロ)の速球に、ジャッジはまさかの空振り。そして3球目、78マイルの速球で中飛に打ち取った。この瞬間、本拠地は大歓声が沸き起こり、青木も安どの表情を浮かべた。

人気記事ランキング