野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • セ・リーグ
  • 長打大幅増の楽天茂木、西武秋山、今季パワーアップ&ダウンする打者は?

長打大幅増の楽天茂木、西武秋山、今季パワーアップ&ダウンする打者は?

ペナントレースが折り返し点を過ぎた。今季のNPBの野手陣を見ると、長打が大幅に増えている選手が目につく。

楽天・茂木栄五郎【写真:荒川祐史】
楽天・茂木栄五郎【写真:荒川祐史】

今季パワーアップ&ダウン10傑

 ペナントレースが折り返し点を過ぎた。今季のNPBの野手陣を見ると、長打が大幅に増えている選手が目につく。

 選手の長打力を見る指標に「平均塁打」がある。塁打数÷安打という簡単なデータだが、この数字が1.5以下だと「つなぐ打者」、1.7以上で「中軸」、2以上で「本塁打王クラス」と言える。

 昨年と今年(7月4日時点)でともに規定打席に達している選手は、両リーグで41人いる。これらの選手の平均塁打と伸び率10傑は以下の通りだ。

茂木栄五郎(楽)1.47→1.75 19.4%
秋山翔吾(西)1.43→1.70 19.1%
鈴木大地(ロ)1.36→1.61 18.1%
デスパイネ(ソ)1.71→2.01 17.7%
内川聖一(ソ)1.43→1.66 16.0%
柳田悠岐(ソ)1.71→1.94 13.4%
T-岡田(オ)1.66→1.81 9.3%
桑原将志(De)1.46→1.56 7.2%
坂口智隆(ヤ)1.15→1.24 7.1%
安達了一(オ)1.18→1.25 5.8%

人気記事ランキング