野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

ホークス育成出身右腕の覚醒導いた“魔球”パワーカーブ その秘密とは?

スタジアムがにわかにザワついていた。4日のオリックス戦(ヤフオクD)。7回に入っても、スコアボートに表示されたオリックスの「ヒット」の欄は「0」のまま。ソフトバンク先発の石川柊太投手のノーヒットノーラン達成への期待が高まり始めていた。

ソフトバンク・石川柊太【写真:藤浦一都】
ソフトバンク・石川柊太【写真:藤浦一都】

先発へ配置展開で4勝1敗、防御率1.42、躍進するソフトバンク石川

 スタジアムがにわかにザワついていた。4日のオリックス戦(ヤフオクD)。7回に入っても、スコアボートに表示されたオリックスの「ヒット」の欄は「0」のまま。ソフトバンク先発の石川柊太投手のノーヒットノーラン達成への期待が高まり始めていた。

 7回1死から小谷野が放った打球は鈍い当たりで三遊間を抜け、左前安打に。この日21番目の打者に初の安打を許し、育成出身者初の無安打無得点試合達成という快挙は成らず、球場全体がため息に包まれた。それでも、石川は気落ちすることなく、1死一、二塁とこの日初めて得点圏に走者を背負っても、T-岡田を遊飛、中島を右飛に打ち取った。7回1安打無失点。文句のつけようのない出来で、今季4勝目をマークした。

 昨季途中に育成選手から支配下登録された石川。今季は中継ぎながら、初の開幕1軍の座を掴み取り、好投を続けてきた。和田、武田、千賀といった先発陣に故障者が続出したチーム事情から先発へと配置転換。5月31日の中日戦(ヤフオクD)でプロ初先発すると、6回2失点でプロ初勝利を挙げ、6月7日のヤクルト戦(ヤフオクD)で6回2安打1失点、12奪三振で2勝目。同14日の巨人戦(東京D)では6回途中2失点で初黒星を喫したが、同27日の日本ハム戦(ヤフオクD)では7回1安打無失点、12奪三振で3勝目。そして、4日には4勝目。先発5試合で4勝1敗、防御率1.42の好成績をマークしている。

 彗星のごとく現れた育成出身の右腕。好投を続けている現状の投球について「大きい変化球(パワーカーブ)でカウントを取れるようになったし、小さい変化のボール(スライダー)も使える精度が出てきていることが、今の自分を支えているかなと思います。パワーカーブとスライダーが軸になっています」という。その中でも、特筆すべきは、独特の変化を見せる「パワーカーブ」の存在ではなかろうか。

 ファームでも石川のボールを受けてきた同じ育成出身の女房役、甲斐拓也は、この石川のパワーカーブの変化をこう表現する。「ブレーキがすごく利いているし、一度打者に向かってくるような軌道を描きます。打者は一度『オッ』となる。なかなか見ない軌道です。あのパワーカーブがあるから、真っすぐも生きますね」。

人気記事ランキング