野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

“最強守護神”ソフトBサファテ、通算200セーブに並ぶ圧倒的な数字とは…

7月5日、ソフトバンクのデニス・サファテ投手がオリックス・バファローズ戦で今季25セーブ目を挙げ、通算200セーブを記録した。NPB史上6人目、7シーズン目での達成だった。

ソフトバンクのデニス・サファテ【写真:藤浦一都】
ソフトバンクのデニス・サファテ【写真:藤浦一都】

7年目での達成はNPB史上最短記録

 7月5日、ソフトバンクのデニス・サファテ投手がオリックス・バファローズ戦で今季25セーブ目を挙げ、通算200セーブを記録した。NPB史上6人目、7シーズン目での達成だった。

 サファテは2001年MLBドラフト9巡目でミルウォーキー・ブルワーズに入団。ドラフト同期にはツインズのジョー・マウアー、メッツのデービッド・ライトらがいる。

 マイナー時代はずっと先発投手だったが、2006年に救援投手としてメジャー昇格を果たし、4シーズンで92試合に登板し、26交代完了を記録したが、敗戦処理が多くセーブは記録できなかった。

 2011年広島に移籍して1年目は35セーブ、翌年から2年間はセットアッパーだったが、2014年にソフトバンクに移籍してからは不動のクローザーとして活躍している。

 NPBで200セーブ以上を記録した投手は次の通り(※は現役)。

岩瀬仁紀  403※(中日)
高津臣吾  286
佐々木主浩 252
小林雅英  228
藤川球児  223※(阪神)
サファテ  200※(ソフトバンク)

 外国人選手では初。これまでの外国人投手の最多セーブはマーク・クルーンが記録した177セーブだったが、今年に入ってこれを抜いた。

 7年目での達成はNPB史上最短だが、サファテは投球内容がずば抜けて良い。150セーブ以上を記録した投手の通算防御率5傑を見てみよう。

サファテ  1.57 200セーブ※(ソフトバンク)
藤川球児  2.02 223セーブ※(阪神)
岩瀬仁紀  2.15 403セーブ※(中日)
佐々木主浩 2.41 252セーブ
江夏豊   2.49 193セーブ

人気記事ランキング