野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

“育成のソフトB”で着々と…2軍で存在感を示し始めた2人の高卒ルーキー

前半戦も残すところ、あと1カードとなったプロ野球界。パ・リーグは楽天とソフトバンクが首位を争い、抜きつ抜かれつのデットヒートを繰り広げている。両チームともに失速することなく、後半戦もしばらくは鷲と鷹が激しい攻防を繰り広げそうである。

ソフトバンク・九鬼隆平【写真:荒川祐史】
ソフトバンク・九鬼隆平【写真:荒川祐史】

ドラ3九鬼&ドラ4三森、九鬼はパワー生かした打撃で2本塁打

 前半戦も残すところ、あと1カードとなったプロ野球界。パ・リーグは楽天とソフトバンクが首位を争い、抜きつ抜かれつのデットヒートを繰り広げている。両チームともに失速することなく、後半戦もしばらくは鷲と鷹が激しい攻防を繰り広げそうである。

 一度は今季初の単独首位に浮上したソフトバンク。今季は捕手の甲斐拓也が存在感を高め、正捕手の座に限りなく近づくまでに急成長を遂げている。外野手でも上林誠知が台頭し、定位置を掴みかけている。新戦力が今季のチームに欠かせない存在になっていると言えるだろう。

 視線をファームに送ってみる。そこには、プロの水に慣れ、徐々にではあるが、その存在感を示し始めているルーキーがいる。ドラフト3位ルーキーの九鬼隆平捕手、そして、ドラフト4位の三森大貴内野手。ともに高卒の1年目の野手である。

 熊本の秀岳館高校からソフトバンクに入った九鬼。高校、そしてU-18日本代表でも4番とキャプテンを務めた“打てる捕手”の好素材だ。戦国時代に九鬼水軍を率いた「九鬼嘉隆」の末裔であることは広く知られた話ではあるが、180センチ82キロの身体に秘められたパワーは、ルーキーイヤーから、その将来性を感じさせている。

 すでに、ウエスタンリーグで2本塁打。左足の上げの小さい、ほぼノーステップに近いところから力強い打球を飛ばす。高谷裕亮の負傷があり、2軍で主にマスクを被っていた栗原陵矢が1軍へ。それに伴って2軍での出場機会が増えた。打率.240と、まだ荒削りではあるものの、31打席という少ない打席数で2本のアーチをかけるパンチ力は相当なもの。25打数6安打で、安打数より多い7打点を挙げており、勝負強さもうかがえる。

人気記事ランキング