野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • “ボール問題”の真相…選手「飛ぶ」、コミッショナー否定 それぞれの主張は

“ボール問題”の真相…選手「飛ぶ」、コミッショナー否定 それぞれの主張は

MLBでは今季ホームランの本数が飛躍的に増加し、話題になっている。ダルビッシュ有(レンジャーズ)、田中将大(ヤンキース)ら日本人投手に加え、メジャー最強左腕のクレイトン・カーショーもボールが飛びやすくなっていると感じていることを告白。一方で、MLBコミッショナーのロブ・マンフレッド氏は、発表されていない公式球の仕様変更を完全否定し、バットに問題がある可能性を指摘している。それぞれの主張とはいったいどんなものなのか。

MLBコミッショナーのロブ・マンフレッド氏【写真:Getty Images】
MLBコミッショナーのロブ・マンフレッド氏【写真:Getty Images】

本塁打の本数が飛躍的に増加したMLB、ボールが「飛ぶ」との声が上がるも…

 MLBでは今季ホームランの本数が飛躍的に増加し、話題になっている。ダルビッシュ有(レンジャーズ)、田中将大(ヤンキース)ら日本人投手に加え、メジャー最強左腕のクレイトン・カーショーもボールが飛びやすくなっていると感じていることを告白。一方で、MLBコミッショナーのロブ・マンフレッド氏は、発表されていない公式球の仕様変更を完全否定し、バットに問題がある可能性を指摘している。それぞれの主張とはいったいどんなものなのか。

 米CBSスポーツ電子版は先日、「飛ぶ公式球? ロブ・マンフレッドはボールが厳密な規定内と確信」とのタイトルで特集を組んだ。記事の中では、同コミッショナーが12日(日本時間13日)に全米野球記者協会のミーティングに出席した際、今季物議を醸している“飛ぶ公式球”に関する質問が飛んだという事実について触れている。

 マンフレッド氏はそこで「(ボールが厳密な規定内であることを)完全に確信している」と明言。公式球はリーグ規定に定められた基準を満たしていると主張し、飛ぶ仕様に密かに変更されたという“疑惑”を否定したというのだ。 ただ、記事では「MLBが公式球がどれだけ飛ぶのか標準化できないことについて、とても信じられない」と疑いの目を向けている。

 では、選手の主張はどうか。今季苦戦する田中は、リーグで2番目に多い23本塁打を浴びている。米地元紙「ニューヨーク・ポスト」が以前特集した記事の中で、田中は通訳を介して「僕がおそらく一番ホームランを打たれている投手だろうと思うので… 言い訳に聞こえるかもしれないけれど、ボールは少し飛ぶ感覚がありますね」と語っている。

人気記事ランキング