野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

ホークス内川が背負う4番の宿命「柳田を後ろから支えてやれる存在に」

まさに意地の一打だった。17日の西武戦の5回裏、目の前で柳田悠岐が勝負を避けられた。西武ベンチの選択は1死満塁での4番との勝負。それまでの2打席を内野ゴロに打ち取られていたソフトバンク内川聖一は、十亀剣が投じた4球目をきれいにセンター前へと弾き返した。

ソフトバンク・内川聖一【写真:荒川祐史】
ソフトバンク・内川聖一【写真:荒川祐史】

球宴での開放感も束の間、「また緊張感の中で野球をやるんだな、と」

 まさに意地の一打だった。17日の西武戦の5回裏、目の前で柳田悠岐が勝負を避けられた。西武ベンチの選択は1死満塁での4番との勝負。それまでの2打席を内野ゴロに打ち取られていたソフトバンク内川聖一は、十亀剣が投じた4球目をきれいにセンター前へと弾き返した。

 その一打が決勝点となり、お立ち台に上がった内川は「ああいう状況で(柳田が)歩かされたのは4番として情けない。どうにかしないといけないという気持ちだけだった」と、5回の第3打席を振り返った。

「(柳田は)今日も四球が3つ。相手が『次は内川だから厳しいな』と思うようになれば、柳田とも勝負してくれるし、柳田ももっと成績を残せるはず。あいつを後ろから支えてやれる存在になれたらいいなと思うし、もう少しどうにかしてあげたいとも思う」

人気記事ランキング