野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

ホークスが絶大な信頼置く“甲斐キャノン”「狙えよ」の一言から二塁刺殺

流れを変えるプレーだった。北九州市民球場で行われた19日の西武戦。ソフトバンクの甲斐拓也捕手が、武器の強肩を生かした“甲斐キャノン”を炸裂させた。

ソフトバンク・甲斐拓也【写真提供:福岡ソフトバンクホークス】
ソフトバンク・甲斐拓也【写真提供:福岡ソフトバンクホークス】

自身の逆転3ランの呼び水となった二塁刺殺プレー

 流れを変えるプレーだった。北九州市民球場で行われた19日の西武戦。ソフトバンクの甲斐拓也捕手が、武器の強肩を生かした“甲斐キャノン”を炸裂させた。

元福岡ソフトバンク右腕・斉藤和巳氏が心に置く育成の基礎「失敗しろ、1つの成功を喜べ」(侍ジャパン応援特設サイトへ)

 この日、3回に4号ソロ、4回には自身初の2打席連発となる5号3ランを放つなど、3安打4打点とバットでも大活躍だった甲斐。それ以上に、その持ち味を発揮したのは、2本目の本塁打を放つ直前、4回の守備だった。

 この回、先発の松本裕が先頭の栗山、外崎に連打を浴び、無死一、二塁のピンチを背負った。続く、炭谷への初球だった。バントの構えから、外角のストレートを炭谷が見逃す。その瞬間、投球を受けた甲斐は素早いスローイングから矢のような送球を二塁へと投じた。

 離塁が大きくなっていた二塁走者・栗山。この日の練習開始直前に降ったゲリラ豪雨の影響で水気を含んだグラウンドに一瞬足を取られた。慌てて二塁へと戻ったが、時すでに遅し。甲斐の送球は、遊撃・高田のグラブに収まっており、悠々のタッチアウトとなった。
 
 このプレー。栗山の離塁が大きくなったのを見逃さない咄嗟の好プレー…だったのではなく、実は、最初からソフトバンクナインによって狙いすまされたモノだったのだ。

人気記事ランキング