野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

108日ぶり勝利のソフトB武田、復調の要因 「やる気ない感じになるけど…」

ようやく“らしい”投球が戻ってきた。ソフトバンクの武田翔太投手。22日のロッテ戦(ヤフオクD)で先発すると、6回1安打無失点の好投で2-0の勝利に貢献した。右肩炎症でチームを離れ、復帰後も本調子と言えない投球が続いていた右腕に復調の兆しが見えた。

ソフトバンク・武田翔太【写真:藤浦一都】
ソフトバンク・武田翔太【写真:藤浦一都】

好投の呼び水になったこととは? 「今日はだいぶ良かった」

 ようやく“らしい”投球が戻ってきた。ソフトバンクの武田翔太投手。22日のロッテ戦(ヤフオクD)で先発すると、6回1安打無失点の好投で2-0の勝利に貢献した。右肩炎症でチームを離れ、復帰後も本調子と言えない投球が続いていた右腕に復調の兆しが見えた。

 右足が攣ったために、79球、6回を投げ抜いたところで降板となった。それでも、そこまではロッテ打線を手玉に取った。ストレートは140キロ台中盤。持ち味のカーブ、スライダーもしっかりと使え、8個の三振も奪った。「久々に体が使えた。今日はだいぶ良かったですね」と本人の口からも、手応えがにじみ出た。

 不振が続いていた武田。何が、好投の呼び水となったのか。

 武田自身が振り返る。「下半身の動きに関しては出来ていたんですけど、上半身の動きが出てこなかった。怪我のせいなのか、怖さが抜けていないのかというところで。客観的に見たときに、力が入っているなと。痛かったときは、痛くないように余計な力が入っていた。治っても、それがクセとして、無意識に力が入っていた」。右肩の炎症を抱えながら、投げていた際に、身についてしまったクセ。それが、なかなか抜けなかった。

人気記事ランキング