野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • セ・リーグ
  • めっきり減った投手の本塁打、現役では13人、今季は外国人投手3人のみ

めっきり減った投手の本塁打、現役では13人、今季は外国人投手3人のみ

7月23日のヤクルト戦で、阪神のメッセンジャーは8回無失点の快投で10勝目を挙げたが、打席でも3回に右中間に先制本塁打を放った。これが決勝弾となったが、メッセンジャーにとってはNPB初本塁打だった。

DeNAのジョー・ウィーランド【写真:Getty Images】
DeNAのジョー・ウィーランド【写真:Getty Images】

今季投手による本塁打はバルデスとウィーランド、メッセンジャーのみ

 7月23日のヤクルト戦で、阪神のメッセンジャーは8回無失点の快投で10勝目を挙げたが、打席でも3回に右中間に先制本塁打を放った。これが決勝弾となったが、メッセンジャーにとってはNPB初本塁打だった。

 メッセンジャーはメジャーでもマイナーでも本塁打を打ったことはなく、プロ初本塁打でもあった。今季NPBでは、投手による本塁打は中日のバルデスが4月1日の巨人戦、DeNAのウィーランドが5月17日の広島戦で打ったのに続いて3本目だった。

 かつて「打撃自慢の投手」はどのチームにもいたが、最近はめっきり減っている。「二刀流」の大谷翔平は、投手の選手登録で通算42本塁打を打っているが、投手で出場した際の本塁打は、2016年7月3日のソフトバンク戦に「DH解除」で打席に立った際の1本だけ。現役で本塁打を打ったことのある投手は、それを含めて13人しかいない。

○広島
野村祐輔 1本(2013年)

○巨人
山口俊 2本(2014、16年、いずれもDeNA時代)
マイコラス 1本(2016年)

○DeNA
ウィーランド 1本(2017年)

○阪神
能見篤史 1本(2013年)
藤浪晋太郎 1本(2014年)
メッセンジャー 1本(2017年)

○ヤクルト
館山昌平 2本(2010、15年)
小川泰弘 2本(2015、16年)

○中日
バルデス 2本(2016、17年)

○日本ハム
大谷翔平 1本(2016年)

○ソフトバンク
松坂大輔 1本(2006年、西武時代)
大隣憲治 1本(2008年)

 全員が先発投手。しかし。シーズン2本以上を打った投手はいない。投手でシーズンに2本塁打以上したのは、2009年の広島に在籍したコルビー・ルイスの3本まで、さかのぼらなくてはならない。

人気記事ランキング