野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

スカウトも驚いた「手」 恩師が語る中日ドラ2ルーキー京田の「強さ」

遊撃の定位置をキープし、セ・リーグ新人王候補の呼び声も高い中日のドラフト2位ルーキー京田陽太。23歳の内野手は俊足が持ち味で、盗塁数は7月終了時点で田中広輔内野手(広島)の「20」に続く「17」を記録。大島洋平外野手(中日)と並んでリーグ2位タイにつけており、盗塁王も狙える位置につけている。

中日・京田陽太【写真:荒川祐史】
中日・京田陽太【写真:荒川祐史】

新人王も視野、プロ1年目で輝く23歳の内野手

 遊撃の定位置をキープし、セ・リーグ新人王候補の呼び声も高い中日のドラフト2位ルーキー京田陽太。23歳の内野手は俊足が持ち味で、盗塁数は7月終了時点で田中広輔内野手(広島)の「20」に続く「17」を記録。大島洋平外野手(中日)と並んでリーグ2位タイにつけており、盗塁王も狙える位置につけている。

【動画】ドアラが危ない! 広島・鈴木誠也の特大弾がドアラを襲った衝撃シーン

 打率も7月終了時点で.283をマークしており、5月、6月の月間打率は3割を超えた。活躍を続けるルーキーの好調の要因はどこになるのか――。日大時代に同選手を指導した同大学野球部の仲村恒一監督に話を聞いた。

 京田は強豪の青森山田高から日大に進学。青森山田高では甲子園の出場はなかったものの、当時から評価は高かったという。

「高校時代からよく見ていましたが、足が速く、肩が強い。バッティングも悪くはなかったですね」

 日大では3年秋に東都大学リーグの2部から1部に昇格し、4年秋には25季ぶりとなる優勝に貢献した。しかし、能力が高いゆえ、一人で突っ走ってしまうところがあったと仲村監督は振り返る。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」