野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

低迷ハムにダイヤの原石 輝き放つ高卒ドラ1左腕に吉井コーチ「やるなぁ」

将来が楽しみだ。今季ワーストの借金33と低迷する日本ハム。その中にあって、ドラフト1位ルーキーの堀瑞輝投手が1軍の舞台で輝きを放っている。

日本ハム・堀瑞輝【写真:荒川祐史】
日本ハム・堀瑞輝【写真:荒川祐史】

1軍の舞台で輝きを放つドラフト1位ルーキー堀瑞輝

 将来が楽しみだ。今季ワーストの借金33と低迷する日本ハム。その中にあって、ドラフト1位ルーキーの堀瑞輝投手が1軍の舞台で輝きを放っている。

 13日のソフトバンク戦(ヤフオクD)。1点ビハインドの8回にプロ2度目のマウンドに上がると、松田、柳田、デスパイネ、中村晃というソフトバンクが誇る実力者たちと対戦。松田を右飛に取ると、現在本塁打、打点の2冠に立つ柳田を空振り三振。デスパイネは四球で歩かせたものの、中村晃を中飛にとって無失点に封じた。

「コントロールはいまいちでしたけど、しっかり投げられたので、それは良かったです。まだキャッチャーの構えたところに投げられていなかったので、そこは修正したい」と振り返った左腕。プロ初登板となった8月9日の楽天戦(Koboパーク)では1回を無安打2奪三振で無失点。これでデビューから2戦連続無失点となった。

 広島新庄高から、2016年のドラフト1位で日本ハムに入団した堀。イースタンリーグでは6試合8イニングに投げて、無失点。防御率0.00を続け、イニング数を上回る12三振を奪っている。この日の投球を見た栗山英樹監督は「すごく落ち着いていたし、楽しみだね」と目を細めていた。

人気記事ランキング