野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • セ・リーグ
  • ダルビッシュvsバースが実現したら…レジェンド達が対戦したい現役選手は?

ダルビッシュvsバースが実現したら…レジェンド達が対戦したい現役選手は?

今年は8月7日に東京ドームで開催された「サントリードリームマッチ」。このイベントでは毎年、様々な名シーンが再現される。日本球界を支えて来た選手たち。今でこそ体型などの変化こそあれど(失礼…)打撃、投球フォームはあの時のままだ。そんな名選手たちは引退した今でも、自らがフィールド上にいる現役選手たちと同じような気持ちでいる。

元阪神のランディ・バース氏【写真:山岡則夫】
元阪神のランディ・バース氏【写真:山岡則夫】

一番人気は大谷翔平? 中畑氏は「打てる訳ないじゃん」

 今年は8月7日に東京ドームで開催された「サントリードリームマッチ」。このイベントでは毎年、様々な名シーンが再現される。日本球界を支えて来た選手たち。今でこそ体型などの変化こそあれど(失礼…)打撃、投球フォームはあの時のままだ。そんな名選手たちは引退した今でも、自らがフィールド上にいる現役選手たちと同じような気持ちでいる。

【PR】プロ野球シーズンを振り返ろう! スポーツを観るなら「DAZN」、”初月無料キャンペーン”実施中

 現場でテレビで、現役選手の活躍を目の当たりにするたびに「俺だったらこう攻めるのに…」。ミスを犯すたびに「何やってんだ、ああすれば防げたのに…」と自らをオーバーラップさせる。「この選手とぜひ対戦してみたい」。そう思う選手も多いという。

 やはり一番人気は、大谷翔平(ファイターズ)である。

「165キロだよ。そんな球速なんて見たことない。僕らが現役時代はそんな球速を出せる打撃マシンもまだなかったから、体感することすらできなかった。今の選手は大変だよ、あんなの打たないといけないから(笑)。逃げ出しちゃうんじゃないかな」

「ストレートだけなら、まだ何とかバットに当たるかもしれない。でも彼の場合はすべての球種が一流だからね。対戦した打者に聞いてみると、フォークなんて消えるって言うんだもん。打てる訳ないじゃん」

 元巨人・中畑清氏(*1)は笑いながらも、まんざら冗談ではなさそうだった。

 興味深かったのは荒木大輔氏(元ヤクルト*2)。

「僕はやっぱり投手出身だから、まずは打者・大谷を見てしまう。打席に立つたびに、『どうやったら打ち取れるのか?』を考えているけどわからない。よく言われることだけど、『スイングしないだろう…』と思っていたら、いきなりバットが出て来て打ち返すようなイメージ。スイングスピードが飛び抜けて速いから可能なんだろうね。抑えるのは、やっぱり難しいですよ」

「それに、おこがましいけど打席にも立ってみたい。やっぱり野球人としてどんな球を投げるのか感じてみたい。ナンバーワンのストレートに変化球。あれだけの強打者を抑える秘密を自分の目で、最も近い場所で見てみたいという気持ちがある」

 投手としての興味か野球人としての意地か。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」