野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

名脇役で節目の1勝 “何でもござれ”のソフトB明石は「出たところでハッスル」

主役が打たなくても、脇役が打つ。ソフトバンクの強さの一因が見えた一戦だった。15日のオリックス戦(ヤフオクD)。この日の打のヒーローは、明石健志だった。

ソフトバンク・明石健志【写真:編集部】
ソフトバンク・明石健志【写真:編集部】

主役が打たなくても…通算1000勝目をもたらした打のヒーローは明石

 主役が打たなくても、脇役が打つ。ソフトバンクの強さの一因が見えた一戦だった。15日のオリックス戦(ヤフオクD)。この日の打のヒーローは、明石健志だった。

【PR】練習試合&オープン戦も徹底配信 プロ野球観るなら「DAZN」、25日まで“加入2か月無料キャンペーン”実施中

 2回。1死一、二塁で打席に立つと、オリックスの先発・金子千尋から右中間を破る先制の2点適時三塁打。2ボール2ストライクからの7球目。追い込まれてから2球ファールで粘った末に、値千金の一打を放った。1点差に迫られた8回には1死三塁から中前への適時打。リードを2点に広げる価値あるタイムリーだった。

 この日は2安打3打点。3番に入った中村晃が4打席ノーヒット、4番の柳田悠岐も4打席ノーヒットと中軸に当たりが出なかった中で、7番に入った明石の働きは大きかった。試合後は「(金子は)チャンスが何回もある投手じゃない。そのチャンスで回ってきたので、何とか、という気持ちだった」と振り返った。

 今季はこの日で67試合目の出場。2003年のドラフト4位で今季で14年目を迎える31歳だが、チームの中では決して不動のレギュラーという立ち位置ではない。今季は1番、2番、3番、6番、7番を務め、一塁、二塁、右翼とチーム状況によって様々なポジションを守る。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」