野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

相性はソフトにB×、楽天には◎ パ3強の優勝争いで鍵握るのは西武菊池!?

ソフトバンクと楽天がデッドヒートを繰り広げてきた今季のパ・リーグ。ここにきてソフトバンクが首位に躍り出て、楽天に今季最大の3ゲーム差をつけた。そして、13連勝のあった3位の西武は楽天に3.5ゲーム差に接近。首位のソフトバンクにも6.5ゲーム差と、その差を詰め、優勝争いに割って入ろうかという勢いを見せている。

西武・菊池雄星【写真:編集部】
西武・菊池雄星【写真:編集部】

猛追の西武は楽天と3.5差、ソフトBとは6.5差まで接近

 ソフトバンクと楽天がデッドヒートを繰り広げてきた今季のパ・リーグ。ここにきてソフトバンクが首位に躍り出て、楽天に今季最大の3ゲーム差をつけた。そして、13連勝のあった3位の西武は楽天に3.5ゲーム差に接近。首位のソフトバンクにも6.5ゲーム差と、その差を詰め、優勝争いに割って入ろうかという勢いを見せている。

【PR】練習試合&オープン戦も徹底配信 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 ソフトバンク、楽天、そして、まだ若干の差こそあるが、西武と、この3強が覇権を争う構図となってきた。残り2か月弱の今季のペナントレース。ここから先、優勝の行方の鍵を握りそうな男が、1人いる。

 西武の菊池雄星投手だ。

 今季、ここまで19試合に先発し、11勝5敗の成績を残している菊池。リーグトップの防御率2.06をマークし、19試合中17試合で6回以上を投げて自責3以内のクオリティースタート(QS)を達成している。その安定感は、パ・リーグでは屈指と言えるだろう。

 ただ、その菊池。ソフトバンクに滅法弱く、楽天には滅法強いのである。

 菊池がソフトバンクを苦手としているのは、これまで何度もマスコミに取り上げられている。2009年にドラフト1位で西武に入団した菊池。プロ入りした2010年からの8年間で、ソフトバンク戦16試合に登板して0勝11敗。一度も勝利したことなく、11連敗を喫している。

 今季も4月7日と5月19日のメットライフドーム、そして6月23日のヤフオクドームと3試合に先発。本拠地での試合は7回5安打4失点、8回7安打2失点と大崩れはしなかったものの、2試合ともに敗戦投手になった。

 摩訶不思議だったのは敵地での登板。150キロ超を誇る菊池のストレートが140キロ台前半しか出なくなるなど、別人のような投球になり、3回途中7失点でKOされてしまった。今季6回まで投げられなかった試合は、この1試合しかない。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」