野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • カブス38歳右腕の“ハッスルプレー”が話題に キャリア初盗塁→牽制死の珍事

カブス38歳右腕の“ハッスルプレー”が話題に キャリア初盗塁→牽制死の珍事

メジャーリーグでベテラン投手がキャリア初の盗塁を決めた後に牽制死となる珍事が起き、現地で話題となっている。

キャリア初となる盗塁を成功させたカブスのジョン・ラッキー【写真:Getty Images】
キャリア初となる盗塁を成功させたカブスのジョン・ラッキー【写真:Getty Images】

カブス右腕ラッキーの“ハッスルプレー”が話題に

 メジャーリーグでベテラン投手がキャリア初の盗塁を決めた後に牽制死となる珍事が起き、現地で話題となっている。

【PR】練習試合&オープン戦も徹底配信 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 この話題の主役となったのはカブスのジョン・ラッキー投手。38歳右腕は16日(日本時間17日)の本拠地レッズ戦で果敢に二盗を成功させながら、直後に牽制死となった。この一連のプレーは、地元紙「シカゴ・トリビューン」電子版が「ジョン・ラッキーが初の盗塁でキャリアのマイルストーンを集める」と特集するなど注目を浴びることになった。

 ベテラン右腕のハッスルプレーに本拠地が沸いたのは5-1でリードして迎えた4回だった。2死走者なしの場面で打席に立ったラッキーはセンターへヒットを放って出塁。次打者ゾブリストの打席で二盗を試みた。相手右腕ベイリーが2球目を投じようとする直前にスタート。気づいた捕手が立ち上がって合図を送り、すかさずベイリーは二塁へ送球したが、間一髪でセーフとなった。2002年にメジャーデビューしたラッキーにとってこれがキャリア初盗塁だった。この瞬間、カブスベンチをはじめ、本拠地のファンは大きな盛り上がりを見せた。

 しかし直後、沸き返った本拠地が静まり返るシーンが待っていた。ゾブリストがフルカウントから四球を選んだ場面で、三塁方向へ大きく飛び出したラッキーは捕手の二塁送球によりあっけなくアウトに。一時はセーフの判定だったが、チャレンジによるリプレイ検証の結果、アウトへと覆った。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」