野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

センス光る仙台育英・西巻、「凄い選手ばかり」のU-18代表で「世界一」へ

第99回全国高等学校野球選手権大会の準々決勝で広陵(広島)に敗れ、甲子園を去った仙台育英(宮城)。一夜明けた21日、「第28回WBSC U-18ベースボールワールドカップ」に出場する野球日本代表「侍ジャパン」U-18代表入りした西巻賢二内野手(3年)は「高校野球が終わり、悔しいけど、また高校生のうちに野球ができる。次の大会に挑戦できるのは嬉しいです」と話した。

仙台育英・西巻賢二【写真:高橋昌江】
仙台育英・西巻賢二【写真:高橋昌江】

甲子園では広陵に敗退、「あっという間」の3年間を終えて高校日本代表へ

 第99回全国高等学校野球選手権大会の準々決勝で広陵(広島)に敗れ、甲子園を去った仙台育英(宮城)。一夜明けた21日、「第28回WBSC U-18ベースボールワールドカップ」に出場する野球日本代表「侍ジャパン」U-18代表入りした西巻賢二内野手(3年)は「高校野球が終わり、悔しいけど、また高校生のうちに野球ができる。次の大会に挑戦できるのは嬉しいです」と話した。

アジアで勝つために―育成のスペシャリストが侍ジャパンU-18代表の戦いに見た、課題と収穫(侍ジャパン応援特設サイトへ)

 仙台育英は宮城大会準決勝の引き分け再試合を制し、決勝で東北に7-2で勝利。2年ぶりの甲子園出場を決めた。甲子園では1回戦で滝川西(北北海道)を下し、2回戦では日本文理(新潟)に守り勝ち。3回戦でセンバツ優勝の大阪桐蔭(大阪)に0-1の9回2死からサヨナラ勝ちと劇的な展開で勝ち進んだ。

 勢いは加速したかと思われたが、準々決勝では中村奨成捕手を擁する広陵に4-10で敗れた。「あっという間でしたね、3年間。広陵の校歌を聞いている時に本当に終わったのかなって思っていました」と西巻。スタンド挨拶の後、号泣するエース・長谷川拓帆を支えてベンチに戻った。「スタンドを見たら急にこみ上げてきたらしくて。よく投げてくれたので『よくやったよ』と言いました」。インタビュールームで目を赤くするメンバーが多くいる中、気丈に取材に受け答えしていた西巻。宿舎に戻ると、郷古武部長からU-18代表入りを告げられた。

 代表メンバー一覧に目を通し、「凄い選手ばかりだなと思いました」と笑った。「特に外野手ですね。(群馬・前橋育英の)丸山は塁に出るたびに走っている印象。(大阪桐蔭の)藤原は雰囲気が違いました。(神奈川・横浜の)増田は練習会場で『調子どう?』とか喋りましたね。そして定番ですが、(早実の)清宮。こういうメンバーで試合ができるのは楽しみです」とワクワクしている様子だ。甲子園でラストゲームとなった広陵の中村も代表入り。「レベルが違いますよ。初回、マジでビックリしました。セカンドスロー(を見て)、焦りました」と、その糸を引くようなボールを放る強肩に度肝を抜かれたという。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」