野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

野球の競技者人口減少に危機感 現状打破へ、西武が実施したイベントとは?

今季はすでに全球団の本拠地での観客動員数が100万人をクリアするなど、右肩上がりで動員数が増えているプロ野球。各球団がそれぞれ趣向を凝らし、カラーの異なる女性向けイベントを行うことで多くの女性ファンがスタンドを埋めるなど、ひと昔前の“プロ野球=男性が見るもの”というイメージは時代の流れによって変化。今では様々な層のファンが球場に足を運び続けている。

埼玉西武ライオンズは“子供たちに野球遊びのきっかけを与える”エンジョイベースボールシリーズを開催した【写真:(C)PLM】
埼玉西武ライオンズは“子供たちに野球遊びのきっかけを与える”エンジョイベースボールシリーズを開催した【写真:(C)PLM】

子供たちに“野球をやるきっかけ作り”を

 今季はすでに全球団の本拠地での観客動員数が100万人をクリアするなど、右肩上がりで動員数が増えているプロ野球。各球団がそれぞれ趣向を凝らし、カラーの異なる女性向けイベントを行うことで多くの女性ファンがスタンドを埋めるなど、ひと昔前の“プロ野球=男性が見るもの”というイメージは時代の流れによって変化。今では様々な層のファンが球場に足を運び続けている。

【PR】練習試合&オープン戦も徹底配信 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 このように、観客動員数の増加や女性ファンが増えているという現状だけを見れば、プロ野球の将来は“安泰”という風にも思える。しかし、その一方で日本における野球の競技者人口は減少の一途をたどっている。このまま何も手を打たずに放置していくと、確実にプレイヤーが減り、その結果、日本のプロ野球のレベルは低下。野球という競技そのものの衰退につながっていきかねない状況である。

 そこで、埼玉西武ライオンズが8月15日(火)から17日(木)の3日間で“子供たちに野球遊びのきっかけを与える”エンジョイベースボールシリーズを開催。野球の競技者人口が減少しているという現状に歯止めをかけるべく、試合前後に子供たちが目いっぱい楽しめる野球遊びの場を提供した。

 イベント開催3日間の最終日となる17日の試合前、ドーム前ステージにて「野球崩壊 深刻化する『野球離れ』を食い止めろ!」の作者・広尾晃氏がトークショーを実施。野球の競技者人口が減っている点や、野球人気復活への取り組みについて、そして、「こういう活動は何球団かが行っているが、一回限りではなく、10年、20年という長い道のり、長い目で見て継続していく必要がある」というように継続することの重要性などについて、約10分間に渡って来場者に強く訴えかけた。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」