野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

ホークス今季最長7連勝で首位固め 工藤監督「最初の本塁打が効果的だった」

23日、ソフトバンクは序盤から猛攻をしかけて西武に9-0と大勝。カード勝ち越しとともに、今季最長となる7連勝をマークした。

ソフトバンク・工藤公康監督【写真:藤浦一都】
ソフトバンク・工藤公康監督【写真:藤浦一都】

先発・石川に高評価「しっかりと腕が振れていた」

 23日、ソフトバンクは序盤から猛攻をしかけて西武に9-0と大勝。カード勝ち越しとともに、今季最長となる7連勝をマークした。

【PR】練習試合&オープン戦も徹底配信 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 工藤公康監督は「最初の柳田くんのホームランが効果的だった。あれで乗っていけたね」と、初回の4番のひと振りを勝因の1つに挙げた。

「(チームの安打数が)2桁いかない試合も多いが、ノーヒットで点を取ったり、効率のいい点の取り方はできている。投打に渡って、バランスよく、リズムよくできていると思う」と連勝中のチーム状態の良さをアピール。さらに「特に投手陣はいいコンディションで試合に臨んでくれている。自分ができることをやってくれているのが結果として出ていると思う」と、投手陣の自覚ある準備に言及した。

 また指揮官は先発の石川柊太について「徐々に良くなっていると感じていたが、しっかりと腕が振れていた。繊細なところがあるピッチャーだが、手応えを感じていたのだろう。それがリズムのいいピッチングにつながった」と復調を喜んだ。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」