野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

「バチバチ緊張」3年目左腕・笠谷が上々デビュー 鷹にまた楽しみな戦力出現

緊張のデビュー戦となった。ソフトバンクの3年目・笠谷俊介投手。23日の西武戦(ヤフオクD)で、ついにプロデビューの時を迎えた。この日は序盤から打線が爆発し、中盤までに9点のリードを奪うと、8回、本拠地ヤフオクドームに「笠谷俊介」の名前がコールされた。

転機となった和田への弟子入り

 2回を投げて無安打3奪三振で無失点。上々の内容でデビュー戦を投げ終えた。勝利のお立ち台にも上がり「今まで練習とかで苦しいことはありましたけど、ここで投げるためにやってきたんだと実感が沸きました。スタッフさんやコーチ、みなさんの支えがあってここまで来られた」と語った。

【PR】NPB公式戦をいつでも&どこでもお得に観戦 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 度重なる左肘の故障に悩まされ、ここまではリハビリ組で過ごす日々が多かった笠谷。「去年の1年間は何やっていいかわからないし、投げたら痛いしで、やる気も出なかった。1月の自主トレが大きい時期だった」。和田毅に志願して、1月の自主トレに弟子入り。そこでの日々が左腕の人生を変えた。

 ただ、恐怖も覚えた。最後の打者、メヒアを一ゴロに打ち取った場面。強振したメヒアのバットの先に当たったボールは、縫い目付近で革が破れ、めくれ上がっていた。「あのスイングで、真っ直ぐが真ん中にいったら簡単に持っていかれる。1軍の打者を抑えるのは、簡単じゃない」と思い知らされた。

 それとともに、「変化球はまだまだですけど、真っ直ぐでは空振りだったり、ファールが取れた。もっともっと磨きをかけていきたいですね」との手応えも得た。メヒアによって革を破かれたウイニングボールは両親にプレゼントするという。千賀、甲斐、石川、松本裕……。続々と若手が台頭するソフトバンクに、また1人楽しみな投手が現れた。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」