野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

堂々の1軍デビュー鷹3年目左腕・笠谷 衝撃を受けた“師匠”和田の助言とは

またしても、ソフトバンクに楽しみな存在が現れた。22日の西武戦前のヤフオクドームのグラウンドには、笠谷俊介投手の姿があった。3年目を迎えた20歳の左腕。この日プロ入り後初めてとなる1軍昇格を果たし、チームへと合流。「アップの時は緊張がやばかったです。流れが分からないので…」。初めての1軍。右も左も分からない中で、初々しさ全開で先輩たちの後を追いかけた。

ソフトバンク・笠谷俊介【写真:藤浦一都】
ソフトバンク・笠谷俊介【写真:藤浦一都】

笠谷の野球人生を変えた和田への“弟子入り

 またしても、ソフトバンクに楽しみな存在が現れた。22日の西武戦前のヤフオクドームのグラウンドには、笠谷俊介投手の姿があった。3年目を迎えた20歳の左腕。この日プロ入り後初めてとなる1軍昇格を果たし、チームへと合流。「アップの時は緊張がやばかったです。流れが分からないので…」。初めての1軍。右も左も分からない中で、初々しさ全開で先輩たちの後を追いかけた。

【PR】練習試合&オープン戦も徹底配信 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 翌23日の西武戦で早速デビューの舞台が巡ってきた。9点リードの8回から、プロ初の1軍のマウンドへ。先頭の炭谷からプロ初奪三振となる空振り三振を奪うと、2イニングを無安打無失点、3つの三振を奪う好投を見せた。ゲームセットの瞬間をマウンド上で迎え、勝利のハイタッチも初体験。お立ち台にも立ち、この日のウイニングボールも手に入れた。

 勝負の終盤戦で、初の1軍切符を掴み、上々のデビューを果たした笠谷俊介。一体、どんな選手なのだろうか。

 笠谷は、2014年のドラフト4位で大分商業高からソフトバンクに入団した左腕。今季、先発ローテの一角に入った松本裕樹や、シーズン半ばに、こちらも初の1軍を掴んだ栗原陵矢捕手などが同期入団である。

 プロ3年目。ここまでは怪我に泣かされ続け、苦難の連続だった。1年目のキャンプが終わった後に左肘に痛みが出て、リハビリ組へ。シーズン終盤にようやく復帰したが、2年目の昨季も春先に左肘を痛めた。シーズンのほとんどをリハビリ組で過ごした。今季も左肘を痛めてリハビリ組へと逆戻りとなり、2軍戦に登板できたのは6月になってからだった。

「人の意見だったり、教えに対して、あまり聞かない感じだったんですけど、今は1度取り入れてみてから、次の行動に移ってみるようになりました」という笠谷の野球人生を大きく変えたのは、1月に行った和田毅との自主トレだった。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」