野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

来季に向けたキーマンとなれるか ロッテ投手陣に新たな風を呼ぶドラ2右腕

8月18日のオリックス戦、9回を投げて被安打4、奪三振2、失点2の無四球完投でプロ初勝利を挙げた千葉ロッテの酒居知史投手。今季は苦しい戦いが続き、伊東監督の退任も決まっているチームに、若く頼もしい先発投手が現れた。

ロッテ・酒居知史【写真:(C)PLM】
ロッテ・酒居知史【写真:(C)PLM】

オリックス戦でプロ初白星を挙げたロッテドラ2右腕・酒居

 8月18日のオリックス戦、9回を投げて被安打4、奪三振2、失点2の無四球完投でプロ初勝利を挙げた千葉ロッテの酒居知史投手。今季は苦しい戦いが続き、伊東監督の退任も決まっているチームに、若く頼もしい先発投手が現れた。

【PR】反省から飛躍へのきっかけに リーグ連覇のキーマン・巨人桜井が明かしたDAZN(ダゾーン)活用法

 龍谷大平安高校を卒業後、大阪体育大学に進学すると、選手の自主性を重んじる環境の中で急成長。「考えること」「量より質」を合言葉に、トレーニングや投球における理論を意欲的に学び、エースとして活躍、プロからも注目されるようになる。しかし右肩を故障し、社会人野球の強豪・大阪ガスに入社した。

 酒居は大学時代に磨いた「低めに伸びる直球」を武器に入社1年目から活躍する。2015年の第86回都市対抗野球では、初戦から東京ガスのエース・山岡投手(現・オリックス)に投げ勝つなどして、チームの準優勝に貢献。敢闘賞にあたる「久慈賞」と、最優秀新人賞にあたる「若獅子賞」をダブル受賞する。そして、2016年のドラフトで千葉ロッテから2位指名を受けた。

 ルーキーイヤーである今季は開幕1軍を逃し、4月22日に初昇格を果たす。中継ぎとして10試合に登板するも、5月17日の埼玉西武戦で1回0/3を投げて3失点を喫するなど安定感を欠き、ファーム降格となってしまった。しかし、イースタン・リーグで13試合、4勝3敗、防御率2.35の成績を残し、本来の制球力と直球のキレを取り戻すと、8月4日の楽天戦でプロ初先発の機会を手に入れる。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」