野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

「いつかトップでコーチを」―引退後に楽天に“復帰”した「天才打者」の思い

野球に対する情熱、愛情は今も全く変わらない。中日、楽天、オリックスでプレーし、2009年にはパ・リーグの首位打者にも輝いた土谷鉄平さんは現在、楽天の球団職員として「楽天イーグルスアカデミー ベースボールスクール」のジュニアコーチを務めている。2015年限りでオリックスから戦力外通告を受け、現役続行の道を模索したものの、自ら設定した期限までに他球団から声がかかることはなく、きっぱりと引退を決断。キャリアハイの成績を残した楽天にジュニアコーチとして“復帰”した。

中日、楽天、オリックスでプレーしていた土谷鉄平氏【写真:岩本健吾】
中日、楽天、オリックスでプレーしていた土谷鉄平氏【写真:岩本健吾】

2009年には首位打者に輝いた「鉄平」、改めて振り返る引退決断の時

 野球に対する情熱、愛情は今も全く変わらない。中日、楽天、オリックスでプレーし、2009年にはパ・リーグの首位打者にも輝いた土谷鉄平さんは現在、楽天の球団職員として「楽天イーグルスアカデミー ベースボールスクール」のジュニアコーチを務めている。2015年限りでオリックスから戦力外通告を受け、現役続行の道を模索したものの、自ら設定した期限までに他球団から声がかかることはなく、きっぱりと引退を決断。キャリアハイの成績を残した楽天にジュニアコーチとして“復帰”した。

 鉄平さんが戦力外通告を受けたのは2015年10月26日。コンディションの問題もあって12球団合同トライアウトは受けなかったものの、自主トレを続け、新シーズンへのオファーを待った。一方で、現役生活への踏ん切りがついている自分もいたという。

「やりきっていないという思いは、実はあまりなかったんですよね。ほぼやりきったという思いはあったので。もちろん、続けられるなら続けたいとは思いました。ただ、体のこともそうですし、成績も出ていなかった。あとは、年齢や需要も含めて。外野の左打ちってわんさかいるので、そういうことも考えて厳しいな、というのは自分でも分かっていた。現役にこだわらずに新しいことをするには、まだまだ若いので、いい時期かなという思いもありましたね。言ってみれば、中途半端な状態でした。何が何でも現役という強い気持ちはなかったですよね」

 いい話が届いた時のために、体はしっかりと作っていた。ただ、リミットは翌2016年の1月20日と決めた。そして、「中途半端」だったという鉄平さんにオファーは届かなかった。

「そういうのをお天道様は見てるんですよね(笑)。もちろん、もしも声をかけてくれる球団があったら失礼のないように、というか、出来るだけ万全の状態で新たにやりたいという気持ちもありました。でも、1月20日までに何もなければやめようと決めていたので、(決断をする時は)迷わなかったです。ずっと一緒に自主トレをしていた渡辺直人さん(埼玉西武)にその日のうちに『やめます』と言いに行きました。『おお、そうか』という感じで。『なんで俺より早くやめてんだよ』とは言われましたけど」

 楽天でチームメートだった時から親しかった先輩の言葉でも心は揺れることがなく、ユニフォームを脱ぐことを決断。そして、かつて所属していた球団への“復帰”を決めた。実は、楽天からは戦力外通告を受けてすぐに連絡が来ていたという。

「戦力外がリリースされたその日に電話がかかってきて『ジュニアコーチで枠があるんだけど、どうかな』と。本当にその日のうちだったので『ちょっと待って下さい』ということで待っていただけたんです。でも、いち早く声をかけてくれた。一度は出ていった身なのに、気にかけてくれてたのはすごく嬉しかったですし、自分自身もまた東北に戻ってきて、また貢献したいなという気持ちはずっとありました。現役(続行の話)がなければ、お世話になりたいなというのはありました」

 2013年12月に後藤光尊さん(昨年限りで現役引退)とのトレードでオリックスに移籍した鉄平さんだが、楽天は戦力外となった功労者にすぐに声をかけ、「セカンドキャリア」を用意していた。願ってもないオファーだった。

「楽天は自分の中でのキャリアハイの球団ではあります。僕がいた3球団とも、それぞれに思い出深いですけども、僕という選手が一番世の中に出させてもらったのは、やっぱりこの楽天野球団さんのおかげですからね。そういう意味でも、思いは強い。やっぱり、うれしかったですよ。現役引退したら戻りたいという気持ちはありましたから」

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」