野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • セ・リーグ
  • 「日本のレベルはそれだけ高い」とバース氏 侍J飛躍へ名手たちが秘める思い

「日本のレベルはそれだけ高い」とバース氏 侍J飛躍へ名手たちが秘める思い

WBC(ワールド・ベースボール・クラシック)や追加種目として復活したオリンピックなど、世界での活躍、勝利が求められる野球日本代表「侍ジャパン」。多くの猛者が集う世界の強豪と渡り合うためには、準備と覚悟が必要になる。今月7日に東京ドームで開催された「サントリードリームマッチ」。このイベントに参加した元スター選手たちも「侍ジャパン」に対してそれぞれ強い想いを持っていた。

元阪神のランディ・バース氏【写真:山岡則夫】
元阪神のランディ・バース氏【写真:山岡則夫】

侍ジャパンが世界で勝つために―名手たちが秘める思い

 WBC(ワールド・ベースボール・クラシック)や追加種目として復活したオリンピックなど、世界での活躍、勝利が求められる野球日本代表「侍ジャパン」。多くの猛者が集う世界の強豪と渡り合うためには、準備と覚悟が必要になる。

【PR】今季は国内外合わせて1450試合以上を配信! プロ野球を観るなら「DAZN」、”初月無料キャンペーン”実施中

 今月7日に東京ドームで開催された「サントリードリームマッチ」。このイベントに参加した元スター選手たちも「侍ジャパン」に対してそれぞれ強い想いを持っていた。

 世界の選手たちと渡り合っていくためには、日本独自の戦い方を突き止める必要がある。「スモールベースボール」、「守って勝つ」……。様々なところで聞かれる言葉であるが、そこは百戦錬磨の名選手たち。「俊足が売り」のイメージが強い元大洋・屋鋪要氏(※1)からはいきなり意外な答えが……。

「よく『スモールベースボール』と言われるけど、あまりそれだけにこだわり過ぎない方が良い」

 そう話す屋鋪氏は「基本的には、走者を出して、最終的には打って点を取らないと勝てない。少ない得点を守り抜くのはもちろん大事。だけどそれだけじゃなく、1点でも多く得点することを考えたい。そういう野球を大事にすることも重要だと思う」と続けた。

「だから子供たちにも、野球教室の時など走塁のことはあまり教えない。僕自身もバントはあまりしなかったし、打席では『しっかり振ってライナーを打つ』ことを考えていた。まずは打ち返すこと。それができて初めて得点できるし、少ない得点を守り抜くことができる」

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」