野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

キューバ撃破の立役者となった2年生打者 監督の言葉を実践したタイムリー

前日のアメリカ戦はチームでわずか2安打。そのうち1本を放った小園海斗(報徳学園)だったが、何としてでも打撃で何かを残さなくてはいけなかった。「今日の悔しさを忘れてはいけない」。敗戦後、選手間でそう言い合っていた。

キューバ戦に出場した侍ジャパンU-18代表・小園海斗【写真:沢井史】
キューバ戦に出場した侍ジャパンU-18代表・小園海斗【写真:沢井史】

キューバ撃破の立役者となった小園、2番起用に応える

 前日のアメリカ戦はチームでわずか2安打。そのうち1本を放った小園海斗(報徳学園)だったが、何としてでも打撃で何かを残さなくてはいけなかった。「今日の悔しさを忘れてはいけない」。敗戦後、選手間でそう言い合っていた。

侍ジャパンU-18代表、キューバに快勝! オーダー変更も奏功、小園は3安打2打点の活躍(侍ジャパン応援特設サイトへ)

 迎えた3日(日本時間4日)の「第28回WBSC U-18ベースボールワールドカップ」(カナダ・サンダーベイ)第3戦キューバ戦。侍ジャパンU-18代表を率いる小枝守監督は「選手たちも必死だった。今日はとにかく日本の野球をやろうということで、一つになったと思います」と、選手たちの気迫を感じていた。

 その中で、初めて2番に座った小園は5打数3安打2打点、タイムリー2本と気を吐いた。

「今日は1打席目、3打席目に三振をしていたので、(6回の適時打は)体の開きを気にしていたんです。監督にも踏み込んでいけと言われたので、その通りに打てました」

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中