野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

投手と野手の垣根を越え――和田毅が抱く、井口資仁への思い

運命に導かれた試合となった。8月27日、ヤフオクドーム。ソフトバンクとロッテが戦ったゲームは、記憶にも記録にも残る一戦となった。

ソフトバンク和田毅(左)とロッテ・井口資仁(右)【写真:藤浦一都】
ソフトバンク和田毅(左)とロッテ・井口資仁(右)【写真:藤浦一都】

8月27日に実現した“運命の一戦”、「井口さんは昔からオーラは変わらない」

 運命に導かれた試合となった。8月27日、ヤフオクドーム。ソフトバンクとロッテが戦ったゲームは、記憶にも記録にも残る一戦となった。

 今季限りで現役を引退するロッテの井口資仁内野手。この翌日の28日に出場選手登録を抹消され、ユニホームを着て勇姿を見せるのは、9月24日の日本ハム戦(ZOZOマリン)だけに。このヤフオクドームでの一戦は、プロ入りから8年を過ごした福岡でのラストゲームだった。

 この一戦に、いつも以上に気持ちを込めていたのが、先発した和田毅だ。かつてダイエー時代にチームメートだった井口の存在は、和田にとって特別なものだった。この日が左腕にとって左肘手術からの復帰戦。だが、それ以上に、意識は井口との対戦に向いていた。試合後も、福岡でのラストゲームで先発マウンドに立ち、3度の勝負を繰り広げられたことを、何よりも喜んでいた。
 
 井口資仁とはどんな存在だったのか。自らも球界に名を残す投手となった和田は、運命の一戦を終えた後、こう語っている。

「井口さんは昔からオーラは変わらない。味方の時はチャンスで井口さんが打席に立つと打ってくれるなというイメージでした。対戦するようになってからは、ピンチの時だと甘いところに投げたらやられるなという、ずっとそんな感じで対戦していましたね」

「投げる時は必ず打ってくれるというイメージしかない。日本シリーズもそうですし、シーズン中でも常に打ってくれるという、そんなイメージしかない」

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中