野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • 3A本塁打王が来季はNPB行き? 米紙報じる「日本から興味が届いている」

3A本塁打王が来季はNPB行き? 米紙報じる「日本から興味が届いている」

今季の米マイナー3A「インターナショナル・リーグ」で本塁打王に輝いたレッドソックス傘下ポータケットのブライス・ブレンツ外野手が、日本球界に上陸する可能性が急浮上している。地元紙「ボストン・グローブ」が報じている。

レッドソックス傘下所属のブライス・ブレンツ【写真:Getty Images】
レッドソックス傘下所属のブライス・ブレンツ【写真:Getty Images】

Rソックス傘下所属のブレンツ、今季3Aで31本塁打もメジャー40人枠に入れず

 今季の米マイナー3A「インターナショナル・リーグ」で本塁打王に輝いたレッドソックス傘下ポータケットのブライス・ブレンツ外野手が、日本球界に上陸する可能性が急浮上している。地元紙「ボストン・グローブ」が報じている。

 ブレンツは2010年にMLBドラフト1巡目追補で全体36位でレッドソックスから指名された28歳。14年にメジャーで9試合、16年にメジャーで25試合プレーし、打率.287、1本塁打、7打点という結果を残している。しかし、ジャッキー・ブラッドリーJr、ムーキー・ベッツ、アンドリュー・ベニンテンディら実力者揃いのレッドソックスの外野陣の中でメジャーに定着できず、今年は3Aポータケットで120試合出場。打率.271、31本塁打、85打点でリーグ本塁打王に輝く活躍だったが、「セプテンバー・コールアップ」で拡大されたロースター枠40人に入ることはできなかった。

「インターナショナル・リーグ最多31本塁打を放っているブレンツのような選手のほとんどは、9月にメジャーリーグのチームに昇格する。しかし、レッドソックスのファームシステムで8年間を過ごした右打ちの28歳のスラッガーであるブレンツにはお呼びがかからなかった」

「ア・リーグのホームラン数で最下位のチームがなぜインターナショナル・リーグのホームラン王を昇格させないのか、理解に苦しむ」

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中