野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

2年目平沢が見た、ロッテ井口の鬼気迫る姿「行動で示せる選手はカッコいい」

2軍での練習日。ロッテの平沢大河内野手は、いつもより早めに目が覚めたため、午前7時に球場入りをして先にウェートを行うことを決めた。誰もいないと思い、ウェートルームのドアを開けると引退試合に向けて2軍調整を行っていた井口資仁内野手が汗を流している姿があった。

ロッテ・井口資仁(左)と平沢大河(右)【写真提供:千葉ロッテマリーンズ】
ロッテ・井口資仁(左)と平沢大河(右)【写真提供:千葉ロッテマリーンズ】

2軍調整中に交わした会話、「2人きりだったので緊張しました」

 2軍での練習日。ロッテの平沢大河内野手は、いつもより早めに目が覚めたため、午前7時に球場入りをして先にウェートを行うことを決めた。誰もいないと思い、ウェートルームのドアを開けると引退試合に向けて2軍調整を行っていた井口資仁内野手が汗を流している姿があった。

「あれだけのベテランの人がこんなに早く来てウェートをしているとは思わなかった。ビックリした。2人きりだったので緊張しました」

 これまで大ベテランと2人だけの空間を過ごしたことがなかった。プロ2年目の若者にとって井口とはテレビで見ていた大リーガーだった。小学生の頃、大リーグ中継を見ているとシカゴホワイトソックスの背番号「15」を背負った日本人大リーガーが躍動をしていた。その思い出が強烈にある。そんな大先輩からウェートルームで声をかけてもらった。「2軍に落ちてどれくらい経つの? そろそろ上がらないといけないなあ」。たわいもない会話だった。それでも、なんとなく嬉しかった。

「朝早くからみっちりとウェートをした後も、アップ、打撃練習、守備練習とボクたちと同じメニューを同じようにこなしている。凄いなあと思いました」

 ベテラン選手は別メニューでの調整を行うことも多い中で、背番号「6」が午前7時のウェートに始まり、練習日の通常メニューすべてを抜くことなく全力でこなす背中になんともいえないカッコよさを感じた。調整のため2軍合流してからは特にその背中をいつも以上に注視してきた。

人気記事ランキング