野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

歓喜の瞬間は誰に託される? 意外と少ない過去20年の「胴上げ投手」

昨年の大谷翔平投手(北海道日本ハム)による125球完封劇は記憶に新しい。緊張、不安、恐怖、安堵…。あらゆる感情を歓喜に変え、リーグ優勝が決まった瞬間に爆発させるナインの様子は感慨深いものがある。

セ・リーグの「胴上げ投手」は?

【セ・リーグ】
○1997年 吉井理人氏(ヤクルト)
9月28日 阪神戦(神宮)
9回 106球 1失点 16-1

【PR】ヤクルト日本一コンビが爆笑談義 DAZN(ダゾーン)の魅力と可能性とは

○1998年 佐々木主浩氏(横浜)
10月8日 阪神戦(甲子園)
2回 28球 無失点 4-3

○2001年 高津臣吾氏(ヤクルト)
10月6日 横浜戦(横浜)
1回 8球 無失点 6-4

○2005年 久保田智之氏(阪神)
9月29日 巨人戦(甲子園)
1回 16球 1失点 5-1

○2006年 岩瀬仁紀投手(中日)
10月10日 巨人戦(東京ドーム)
2回 26球 無失点 9-3

○2009年 クルーン氏(巨人)
9月23日 中日戦(東京ドーム)
1回 20球 無失点 5-3

○2011年 浅尾拓也投手(中日)
10月18日 横浜戦(横浜)
2回1/3 27球 無失点 3-3

○2012年 西村健太朗投手(巨人)
9月21日 東京ヤクルト戦(東京ドーム)
1回 17球 無失点 6-4

○2014年 マシソン投手(巨人)
9月26日 横浜DeNA戦(横浜)
1/3回 8球 無失点 6-3

○2016年 中崎翔太投手(広島)
9月10日 巨人戦(東京ドーム)
1回 22球 無失点 6-4

 投手の分業制が確立した近年を象徴するように、「胴上げ投手」には各チームのクローザーが多く名を連ねる。役割が細分化されるほど、1998年の佐々木氏や2006年の岩瀬のような複数イニングをまたいでのV投球は稀有になりそうだ。セ・リーグでは特にクローザーのゲームクロージングによるリーグ優勝決定が顕著で、8人がシーズンで25セーブ以上を挙げている。また、先発した投手を除く19人のうち16人が3点差以内での救援登板で、クローザーへの祝儀の色が濃い起用は少ない。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」