野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • 松井秀喜氏が語るジャッジの凄さ 特別インタビュー(中)「素質は抜けていた」

松井秀喜氏が語るジャッジの凄さ 特別インタビュー(中)「素質は抜けていた」

選手生活を終えて5年がたつ。米大リーグ、ヤンキースのゼネラルマネジャー特別アドバイザーを務める松井秀喜氏は傘下のマイナーリーグで打撃指導を担当する充実の日々を送っている。編成にも携わる現在の仕事や、日本球界への思いなどについてニューヨーク州にある1Aスタテンアイランドの本拠地で聞いた。全3回の特別インタビュー。第2回は「ヤンキースに誕生した新たなスーパースター候補生」について。(聞き手・江戸川大学メディアコミュニケーション学部教授、神田洋)

ヤンキースのゼネラルマネジャー特別アドバイザーを務める松井秀喜氏【写真:大橋小太郎】
ヤンキースのゼネラルマネジャー特別アドバイザーを務める松井秀喜氏【写真:大橋小太郎】

ブレーク中のジャッジとサンチェス「この成績の伸び方はちょっと説明できない」

 選手生活を終えて5年がたつ。米大リーグ、ヤンキースのゼネラルマネジャー特別アドバイザーを務める松井秀喜氏は傘下のマイナーリーグで打撃指導を担当する充実の日々を送っている。編成にも携わる現在の仕事や、日本球界への思いなどについてニューヨーク州にある1Aスタテンアイランドの本拠地で聞いた。全3回の特別インタビュー。第2回は「ヤンキースに誕生した新たなスーパースター候補生」について。(聞き手・江戸川大学メディアコミュニケーション学部教授、神田洋)

指導者・松井秀喜氏の今 特別インタビュー(上)「長嶋監督の気持ちが分かる」

松井秀喜氏、特別インタビュー(下) 高木京に贈る言葉、そして自身の今後

 この3年間は主にニューヨーク近郊の3Aスクラントン(ペンシルベニア州)、2Aトレントン(ニュージャージー州)、1Aスタテンアイランドを巡回している。時には、サウスカロライナ州の1Aチャールストンやフロリダ州の1Aタンパにも足を延ばすこともあるが、これまでに指導してきた選手の中で、早くもメジャーリーグのスーパースター候補生として台頭してきた2人の若手がいる。

 松井氏がマイナーリーグに関わり始めた13年にドラフト1巡目で入団したアーロン・ジャッジ外野手は今季メジャーで40本塁打を記録し、オールスター戦に選出された。ゲイリー・サンチェス捕手は昨季8月に昇格して20本塁打を放ち、今季は初の30本塁打。1990年代後半からデレク・ジーター内野手ら生え抜きの4選手「コア・フォー」を中心に黄金時代をつくったヤンキースだったが、その後はFA補強が中心で、育成が課題と言われていた。マイナーから巣立ってリーグを代表するスラッガーとなった2人が注目されている。

「ジャッジには『このくらいの選手になってくれたらいいな』というイメージがあった。その一番いいところまでいってしまった気がする。それくらい去年から今年にかけて変化した。技術も心も去年までなかったものを身に着けたのだろうと思う。そうでないとあんな風にはならない。マイナーで見ていた時は、ボールにバックスピンをかけて飛ばすというホームランバッターの打撃ではなかった。でも今年はそういうスイングになっている。

 天性というよりも彼が身につけたもの。あるいは、もともと持っていて一時的に失っていたものを取り戻したのか。この2、3年しか見ていないので、その辺は分からない部分がある。もちろんパワーはあってマイナーでもまともに当たればものすごい当たりのホームランを打った。でも今年はもっとレベルの高いところに行ってマイナーの時よりすごい成績を残している」

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中