野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • 高校野球
  • コラム
  • 早実清宮の一問一答全文…人生の分岐点は中学1年「世界大会で優勝したこと」

早実清宮の一問一答全文…人生の分岐点は中学1年「世界大会で優勝したこと」

プロ入りか大学進学か、その決断が大きく注目された早実の清宮幸太郎内野手が22日、都内で会見し、プロ志望を表明した。高校通算最多111本塁打を記録した世紀のスラッガーが進路を明らかにしたことで、来月に行われるドラフト会議では複数球団が競合指名することは必至。清宮自身は「自分を厳しく指導してくれて成長させてくれる球団に行きたい」と話した。

プロ志望を表明した早実・清宮幸太郎【写真:篠崎有理枝】
プロ志望を表明した早実・清宮幸太郎【写真:篠崎有理枝】

超高校級スラッガーが夢を追う決断「夢はプロ野球選手だった」

 プロ入りか大学進学か、その決断が大きく注目された早実の清宮幸太郎内野手が22日、都内で会見し、プロ志望を表明した。高校通算最多111本塁打を記録した世紀のスラッガーが進路を明らかにしたことで、来月に行われるドラフト会議では複数球団が競合指名することは必至。清宮自身は「自分を厳しく指導してくれて成長させてくれる球団に行きたい」と話した。

 元々は早大でラグビーをプレーしたくて早実に入ったという清宮だが、ラグビーから野球に大きく方向転換するきっかけとして挙げたのが、中学1年の時に所属した北砂リトルで世界一になったこと。世界の強豪チームを破って頂点に輝いた経験について「最初は野球好きの少年だったんですけど、自分の人生が大きく変わったのは、世界大会で優勝したことだと思います」と語った。

 今後は各球団のスカウトと会い、いろいろな話を聞きながら、プロ入り後の育成方法などについて理解を深めていくことになりそうだ。早実から直接プロ入りした例は、過去に王貞治、荒木大輔らがいるが、直近では1983年ドラフト指名の板倉賢司(大洋)、上福元勤(巨人)で、清宮のプロ入りが決まれば、34年ぶりとなる。

 清宮の会見の一問一答全文は下記の通り。

――プロ入りを決断した理由、決め手は?
「昔からの夢なので。より高いレベルでやりたいと思った」

――決断した時期は?
「U-18から帰ってきてからすぐに」

――決断するにあたって相談した人は?
「誰にというのは特にないです」

――監督にはどう伝えたか?
「プロに決めました、と」

――その時の監督の反応は?
「笑顔で受け取ってくれました」

――両親はどのような反応だったか?
「自分で選んだ道を後押ししてくれるということだったので」

――プロは日本のプロ野球ということでいいか?
「もちろんです」

――12球団すべてOKか?
「はい。厳しく指導して成長させていただける球団に行きたいです」

――理想とする選手像は?
「早実の先輩である王貞治さんです。お会いしたり、プレーを見たりして、ずっと憧れを持ってやってきているので。いずれは868本を目指せるような選手になりたいです」

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中