野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

CS先発枠を巡るホークスの新たな競争、当確3枠+東浜、残り2枠は誰に

優勝が決まっても、熾烈な競争は続いている。2年ぶりにリーグ制覇を果たしたソフトバンク。1年を通じて1軍の座を争う厳しいチーム内競争を繰り広げてきたリーグ覇者に、また新たな競争が勃発している。

ソフトバンク・中田賢一、石川柊太、武田翔太、攝津正【写真:藤浦一都】
ソフトバンク・中田賢一、石川柊太、武田翔太、攝津正【写真:藤浦一都】

残り試合で当落線上の選手たちがアピール合戦

 優勝が決まっても、熾烈な競争は続いている。2年ぶりにリーグ制覇を果たしたソフトバンク。1年を通じて1軍の座を争う厳しいチーム内競争を繰り広げてきたリーグ覇者に、また新たな競争が勃発している。

 それが、10月18日から始まるクライマックスシリーズ・ファイナルステージへの出場枠を賭けた、選手同士の争いだ。工藤公康監督は残り試合の戦いについて「クライマックスに向けて28人をどうやって選んでいくかというところになる」とも話しており、当落線上の選手たちのアピール合戦が続いていくことになる。

 その中でも混沌としてきたのは、先発の座か。

 千賀、バンデンハーク、和田は確定。チームトップの16勝を挙げている東浜が腰の張りを訴えて登録を抹消されたが、これはCSに万全を期すために大事を取ったもの。順調に回復すれば、チームの勝ち頭でもある東浜が、入ってくるのは間違いない。

 CSファイナルステージは最大で6試合。6連戦で行われるために、先発投手は6枚用意するのが基本で、ソフトバンクにとって残る枠は2枠となる。その候補となるのが、武田翔太、中田賢一、石川柊太、そして、リーグ最終盤の9月24日の楽天戦(ヤフオクD)で先発のチャンスをもらったベテラン攝津正だろう。

 まず、有力な候補に挙がるのが武田だが、決め手に欠ける。9月6日のオリックス戦(ほっと神戸)で今季初完封勝利を飾ったが、続く登板となった9月21日の日本ハム戦(札幌D)では5回途中6安打6失点でKOされた。昨季まで2年連続2桁勝利を挙げているものの、右肩炎症のあった今季は安定感に乏しい。日本ハム戦で好投すれば当確となったはずだが、KOされて“追試”を課されることになった。

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中