野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

謙虚さと努力と 西武山川の一発に詰まっている「アーティスト」のこだわり

西武の山川穂高が、球界の新ホームランアーティストとして、本格開花の時を迎えている。

西武・山川穂高【写真:編集部】
西武・山川穂高【写真:編集部】

山川が感じ取る自身の中の大きな変化

 西武の山川穂高が、球界の新ホームランアーティストとして、本格開花の時を迎えている。9月24日のオリックス戦で本塁打を放ち、プロ4年目で初の20本塁打を達成した。開幕1軍入りも、不振で5月1日に登録抹消。約2か月間を2軍で過ごし、7月8日に再登録となったのを機に量産態勢に入り、出場72試合目での到達となった。

【PR】「DAZN」はCS全試合をライブ中継&西武戦見放題! ”初月無料キャンペーン実施中”、登録はこちらから

 本塁打率(打数÷本塁打=何打数に1本の割合で本塁打を打ったか)は、本塁打ランクトップにつけるデスパイネ(ソフトバンク)の13.34を大きく上回る10.61と、圧倒的な数字を誇り、8月度の月間MVPにも輝いた。さらに、9月も8本塁打で2か月連続トップで終えた。10月1日時点で21本塁打となっている。

 この覚醒を、誰よりも早く見込んだのが、チームの大先輩・上本達之だった。ファームでの2か月間、1軍に上がった際に求められるであろう、『1打席で結果を出し続ける』ことを想定し、「1日1安打、打率3割以上は絶対」のノルマを、きっちり達成した上で再昇格してきた4年目スラッガーの“本気”を、すぐさま感じ取った。

 山川が1軍復帰して間もないある日、それぞれ練習に訪れた2人は、偶然に室内練習場で一緒になった。「なんか、変わったなぁと思ったんです。よく、『目は、口ほどに物を言う』と言いますが、まさにそれ。今このタイミングやったら、素直に聞くな、と思ったので、一言あげようと思って」。プロ15年間もの長いキャリアをかけて導き出した、自身がいま、最も感じている心の底からの言葉を、上本は山川に惜しみなく伝えた。

「今はまだ若いから、そこまで深く思うことはないかもしれないけど、俺ぐらいの歳になった時に、もし今からお前が練習をやっていたら、『やっておいてよかった』って、必ず思うようになる。でも逆に、やってなかったら『やっておけばよかった』って、絶対に思うから。歳をとってからでは、どうしても疲れてできなくなるから、今のうちにできるだけやっておくべきだよ」

 上本の直感通り、彼の言葉を、25歳のホームラン打者の心は、乾いたスポンジのように吸収した。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」