野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

「2年前の悔しさはある」侍J社会人代表、プロ注目の菅野が見せた成長の跡

侍ジャパン社会人代表が出場する「第28回 BFA アジア選手権」(台湾)は大会2日目を迎えた3日、日本はパキスタン戦に13-1で7回コールド勝利を収めた。初戦の香港戦に続き、5番を打った菅野剛士外野手(日立製作所)は2打席連続の三塁打を放ち、2連勝に大きく貢献した。

侍ジャパン社会人代表・菅野剛士【写真:Getty Images】
侍ジャパン社会人代表・菅野剛士【写真:Getty Images】

2戦目パキスタン戦で2打席連続三塁打で貢献

 侍ジャパン社会人代表が出場する「第28回 BFA アジア選手権」(台湾)は大会2日目を迎えた3日、日本はパキスタン戦に13-1で7回コールド勝利を収めた。初戦の香港戦に続き、5番を打った菅野剛士外野手(日立製作所)は2打席連続の三塁打を放ち、2連勝に大きく貢献した。

今後も守り抜く「日本の伝統」 アジア制覇の侍ジャパン社会人代表、勝因は守備力(侍ジャパン応援特設サイトへ)

 初回、1点を先制した直後、なおも2死二塁で回ってきた1打席目。「ファウルになったが、ファーストライクから打ちにいけた」と積極的に振った。初球をファウルにし、2球目はボール。3球目の外角直球にバットを振り抜くと、打球はレフトの脇を抜け、チームに2点目をもたらす三塁打となった。

「日本とは球筋が違うので見ていたらダメだと思った。積極的なバッティングができた。逆方向に強い打球が打てている時は、調子のバロメーターとしていい。先制点は入ったが、もう1点というところだったので、2アウトからああいうヒットで点を取れたのは、僕にとってもチームにとってもよかったのかなと思います」

 続く6番・大城卓三捕手(NTT西日本)の右適時打で3点目のホームを踏み、2アウトから奪った2点に貢献した。3回には先頭打者としてカウント3-2から右中間への三塁打を放った。「当たりは会心ではなかった。風もあったので捕られるかなと思ったけど、運良く捕られなかった。ラッキーなところもあった」と、2本目の三塁打を謙遜しながら振り返った。

人気記事ランキング