野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • 現時点で5人が戦力外&引退、来季38歳「松坂世代」で生き残りかける選手たち

現時点で5人が戦力外&引退、来季38歳「松坂世代」で生き残りかける選手たち

毎年、この時期には多くの選手がチームを離れることになる。今年37歳になる「松坂世代」では、10月6日時点で5人が引退、戦力外となった。 

ソフトバンク・松坂大輔【写真:荒川祐史】
ソフトバンク・松坂大輔【写真:荒川祐史】

西武では「松坂世代」3選手に戦力外通告 

 NPBでは、10月1日からレギュラーシーズンの終了日の翌日までを「第1次戦力外通告期間」と定めている。毎年、この時期には多くの選手がチームを離れることになる。今年37歳になる「松坂世代」では、10月6日時点で5人が引退、戦力外となった。 

木村昇吾(西)内野手、1980年4月16日生まれ 
久保康友(De)投手、1980年8月6日生まれ 
江草仁貴(広)投手、1980年9月3日生まれ 
渡辺直人(西)内野手、1980年10月15日生まれ 
上本達之(西)捕手、1980年11月8生まれ 

 木村は横浜、広島を経て2015年オフに入団テストを受けて西武に入団。ユーテリティとして活躍したが、2016年右膝前十字靱帯断裂の大けがをして、治療のため育成選手になっていた。今年6月8日に支配下選手に復帰したが活躍できなかった。久保はロッテ、阪神を経てDeNAに。所属した3チームすべてで2桁勝利を挙げるなど、安定感のある先発投手だったが、若手の台頭とともに登板機会が減っていた。 

 江草は阪神ではセットアッパーとして「勝利の方程式」の一翼を担った。西武を経て広島で投げたが、今季は1軍出場がなかった。渡辺は楽天、横浜、西武で内野手として活躍。内野の要、遊撃手としてオールスター戦にも出場している。上本は西武生え抜きの捕手。細川亨、炭谷銀仁朗と毎年正捕手争いをした。打撃を活かすために一塁を守ったこともある。 

 それぞれ各チームで重要な役割を担ったが、若手の台頭もあって戦力外となった。5人の中には現役続行を希望する選手もいる。 

人気記事ランキング