野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

最多勝のホークス東浜、初タイトルも辛口自己評価「トータルでは70点か80点」

ソフトバンクの東浜巨が、16勝で西武の菊池雄星とともに最多勝利のタイトルを獲得した。東浜はプロ5年目で初の個人タイトル受賞となった。

ソフトバンク・東浜巨【写真:藤浦一都】
ソフトバンク・東浜巨【写真:藤浦一都】

プロ5年目で覚醒、最多勝に「野手の方、中継ぎの方に感謝したい」

 ソフトバンクの東浜巨が、16勝で西武の菊池雄星とともに最多勝利のタイトルを獲得した。東浜はプロ5年目で初の個人タイトル受賞となった。

【PR】「DAZN」ならソフトバンク戦が見放題! ”初月無料キャンペーン実施中”、登録はこちらから

 5年目の覚醒だ。開幕直後から和田毅、武田翔太という主力を欠く中で、東浜はまさにエース級の活躍を見せた。24試合に登板し、自らの背番号と同じ数字の勝ち星を積み上げた。初のタイトル獲得は「開幕当初は思ってもみなかった」という東浜。「こういう個人タイトルも、野手の方が多く点を取ってくれたり、ボクの後に投げる中継ぎの方がしっかりと抑えてくれたから取れたと思うのでまずはそこに感謝したい」と、いつもと変わらぬ謙虚さを見せた。

「まずはチームの優勝を目標に掲げて、個人の目標としては2桁(勝利)と規定投球回の2つを目標に掲げていた」という東浜は「それが3つともしっかりとクリアできたのでよかったと思うし、タイトルについては自分でもでき過ぎというか、自分でも怖いくらい」と語った。その上で、今シーズンを「一番は1年間ずっと先発で投げることができたのは自分でもプラスになると思うし、しっかりと働けた1年間だと思う」と振り返る。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」